『チートス かりんとす 蜜がけはちみつ黒糖味』チートス&かりんとうのいいとこ取り!和洋折衷スナックが意外にも美味しくてびっくり!!



チーズ味だから「チートス」だと思っていたら、耳を疑うような新味が登場。その名も『チートス かりんとす 蜜がけはちみつ黒糖味』。アメリカ生まれのチートスと、日本生まれのかりんとうがコラボした和洋折衷スナックだ。果たしてこれは、アリなのか!?

■製造者は創業90年を超える老舗かりんとうメーカー

ジャパン・フリトレー株式会社『かりんとすはちみつ黒糖』(40g・実勢価格 税込149円・2018年1月30日ファミリーマート、サークルK、サンクス先行発売※数量限定)は、濃厚チーズがおいしいチートスに、かりんとうの技術を加えた新しいスナック菓子。オレンジ色のパッケージは、通常の「チートス」より小さめサイズで、チャックの付いたスタンド袋。「チートス」を思わせるデザインを残しつつも和風の要素が満載で、人気キャラクター、チェスター・チーターも忍者のような出で立ちだ。

カロリーは1袋あたり209kcal。糖類は13.6g。原材料を見ると、チーズは含まれていないことがわかる。という事は”トス”のみということ?




気になったのは、製造者である株式会社旭製菓。調べてみると、1924年創業の老舗かりんとうメーカーだということが発覚。単なる黒蜜味ではなく、かりんとう部分にもこだわっていることがよくわかる。そして、この時点で「おいしい」ことも、ほぼ確定と言えるだろう。だがそれでは「チートス」の立場は!?

■味、食感ともにチートス×かりんとうのバランスが絶妙!



袋を開けると、大きなものから小さなものまで、見た目は完全にかりんとう。漂ってくる匂いも、完全にかりんとうだ。



だが、よくよく見るとそれぞれが「チートス」のフォルム。かじってみると、かりんとうとは違うサクサクとしたコーンスナックの食感。まさにチートスそのもの! でも、味はかりんとう…。コーンで作ったかりんとうということか。



噛み進めるうちに徐々にチートスの味に変化するも、黒蜜の味が強いので、チートスが顔を出すのはほんの一瞬。でも、その一瞬がとてつもなくウマいっ!! 甘さと塩味がベストマッチで、かりんとうより軽さがある。かりんとうの味は好きだが、少し甘すぎると感じる人にはうってつけだ。

周りのコーティングをなめてしまえば、チートス味になる?と口の中で飴のように転がしてみたが、チーズを使っていないこともあり、思ったほどのチートス感は味わえず。やはりこれは「かりんとす」として、サクサクと食べ進めることをおすすめしたい。



チートスの良さとかりんとうの良さを引き出した『チートス かりんとす 蜜がけはちみつ黒糖味』、これはクセになる!ついでに言うと、同時発売の「抹茶味」にも興味津々…。今後の「かりんとす」の展開にも、大いに期待が高まる逸品だった。入手はまず、ファミリーマートを探すのがおすすめ。

あなたにおすすめ