まだチャンスあり! ホワイトデーで気になる彼をドキッとさせるセリフ




ホワイトデーはお返しをもらう日なので、つい受け身になってしまう女性も多いのでは? でもバレンタインだけが恋のチャンスではありません。ふたりで話せるホワイトデーも上手に使えば、脈アリの可能性は一気に高まるかも。
そこで今回は「ホワイトデーで気になる彼をドキッとさせるセリフ」についてご紹介します。

1. 「ありがとう!」



「うれしそうに『え~! ありがとう!』と言われたときは、かわいいなと思いました」(20代/営業)

▽ 飛び切りの笑顔で言う「ありがとう!」に勝るものってないですよね。彼もその素直な反応に、思わずドキッとしてしまうでしょう。それに中途半端にモジモジされるよりも、男性から「この子は一緒にいて楽しそう」と思ってもらうことができます。ツンツンした態度を取るのではなく、うれしさを前面に出してみてくださいね。

2. 「今度ご飯でもどうですか?」

「お返しを渡したはいいけれど会話に困っていたら、女性のほうから『よろしければ今度ご飯でもどうですか?』と誘ってくれて、救われたことがあります」(30代/人事)

▽ バレンタインにチョコをもらったとはいえ、本当に自分に気があるかどうかは怪しいもの。「もしかしたらこの1か月で気持ちが変わっちゃったんじゃないか?」と不安になる男性も少なくありません。そんな心配をかき消すためにも、女性のほうから食事に誘ってみましょう。そこから新たに発展することもあるはずですよ。

3. 「返事聞かせてほしいな」



「高校生のとき、ホワイトデーにお返しをあげたんだけど、恥ずかしそうに『返事聞かせてほしいな』と言われた。『この1か月ずっと俺のこと考えてくれていたのかな』って思うと、すごくドキドキしました」(20代/商社)

▽ 普段だったら重く感じる「(告白の)返事聞かせてほしい」も、チョコのお返しをするホワイトデーなら自然ですよね。それに女性も彼の気持ちがわからなくて悩むよりも、ホワイトデーにけじめをつけてもらったほうが良いはず。かわいらしく彼に告白の返事を聞いちゃいましょう!

4. 「開けてみても良い?」

「一緒に食事に行って、ホワイトデーのお返しを渡したんです。そしたら子どものような顔で『いま開けても良い!?』と一言。その無邪気さに、思わずキュンときました」(30代/IT)

▽ 彼も自分のお返しが気に入ってもらえるのか不安なはず。だからこそ「いま開けてみて良い?」と一言付け加えて、彼の目の前でもらったプレゼントを開けるのも効果的です。そこで喜んでくれるあなたの姿を見たら、ホッとできると同時に「かわいいなぁ」と思うはずですよ。

ホワイトデーは男性が緊張している日でもあります。少しでも彼らの不安をほぐしつつ、ドキッとさせるテクニックを利用してみてくださいね。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス