SNSで女子高生に大人気の芸人・脳みそ夫が紙飛行機でギネス世界記録に挑戦!?


YouTubeやTikTokで女子高生に人気の芸人・脳みそ夫さんが紙飛行機でギネス世界記録にチャレンジしました。

一般の人も参加できる、この挑戦が行われているのは、東急プラザ銀座の三菱電機イベントスクエアMEToA Ginza(メトアギンザ)。

「こんちわ~す!」とお得意のあいさつで登場した脳みそ夫さんが挑むのは『紙飛行機スローイングチャレンジ』というギネス世界記録。

こちらは新たな世界記録で、まだ記録保持者はいないそうです。

今回の『紙飛行機スローイングチャレンジ』は直径30cmのバケツに3m離れた場所から1分間で紙飛行機が何個入るか、挑戦します。新しいギネス世界記録ですが、世界記録には最低5個以上、入れる必要があります。

ちょっとバカバカしいですが、紙飛行機を使って誰でも挑戦しやすい今回のギネス世界記録。

紙飛行機を3m先のバケツに入れるだけなら「楽勝っすよ!」と余裕の表情を見せる、脳みそ夫さん。

いよいよ1分間のチャレンジがスタート!!

なかなか紙飛行機が思った所に飛ばず苦戦する脳みそ夫さん。意外と難しい様子です。

結果は、1分間でバケツに入った紙飛行機は2個。チャレンジ失敗です。

悔しい脳みそ夫さんは、その後、猛練習。紙飛行機を目線の位置から投げると思った場所に飛びやすいかも、と脳みそ夫さんなりのコツをつかんだようです。

このブースでは2月24日までの期間、誰でも自由に練習することができ、2月25日はギネスワールドレコーズの公式認定員が来て、ギネス世界記録に正式に挑戦することができます。

2月24日までの練習期間に5個以上入れるとオリジナルTシャツをプレゼント!2月25日のギネス世界記録挑戦に参加した人にもオリジナルTシャツがプレゼントされるそうです。

2月25日の予選を通過した5名に、METoA Ginza1Fにあるカフェのお食事券5,000円分を、そして、見事ギネス世界記録を達成した人には副賞として、三菱電機の掃除機がプレゼントされるそうです。

練習を積み重ねて、ギネス世界記録を目指してみてはいかがでしょうか?

※ギネス世界記録の認定対象は世界記録挑戦日の「本選」の記録のみとなります。
※ギネス世界記録は、紙飛行機をミニマム記録達成(5個)かつバケツに最も多く入れた人が認定されます。

あなたにおすすめ