最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

防犯カメラの設置は映像の伝送方式がポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

防犯カメラは映像を録画しているからこそ、証拠としての威力を発揮。その存在が侵入盗の抑止力になります。防犯カメラは離れた場所にあるHDDレコーダーへ証拠となる映像を送っているわけですが、その方法は多様化。防犯カメラの設置は映像の伝送方式がポイントになります。

防犯カメラの設置は映像の伝送方式がポイント

防犯カメラを設置に大きな違い


防犯カメラ映像の伝送方式は昔ながらの有線式を筆頭に、無線式やネットワーク式、さらには自己完結型のSDカード式などいろいろ。防犯カメラの映像伝送方式の違いは、自宅に防犯カメラを設置する際に、大きな違いとなって現れます。まずは伝送方式の特徴を覚えておいてください。

防犯カメラからのびる映像用の配線をHDDレコーダーへ接続して録画するのが「有線式」。安定した動作がメリットです。デメリットはコンポジット用のコードで長く配線すると画質が落ちること。フルHDに対応するなら、同軸ケーブルは5C-FB以上が推奨されます。

「無線式」は映像信号を無線LANやWi-Fiの電波で飛ばす方式。受信機能を持ったHDDレコーダーに録画されます。メリットは設置に映像用の配線が不要なこと。デメリットは電波状況によってはノイズが入ることです。また、映像の配線は不要ですが、防犯カメラ用の電源コードは必要になります。

防犯カメラの設置にコードが不要


インターネット回線を使い、ルータ経由でPCに映像信号を送って録画するのが「ネットワーク式」。メリットは遠隔監視や操作が可能なこと。システムに拡張性があります。デメリットとしては設置にインターネット回線とルータが必要になること。PCからの設定作業やネット使用料が発生します。

「SDカード式」はカメラ本体にSDカードを入れて録画する方式。映像用のコードは不要で設置が簡単です。カメラ本体にコード自体は付いているので有線式としても使用できます。

SDカード式のメリットはHDDレコーダーを必要としないこと。デメリットはSDカードの交換が必要なことです。また、防犯カメラ自体やSDカードが盗まれると証拠映像も喪失することになります。

外部リンク(ラジオライフ.com)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス