最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

田中れいなが放った2.5次元キャラの魅力と圧巻のライブパフォーマンス!「音楽劇ヨルハVer1.2」千秋楽!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
全8回の公演を終え、2月13日に閉幕した舞台「音楽劇ヨルハVer1.2」。この舞台にはモーニング娘。6期メンバーの田中れいなも出演。公演後には演じた四号と芝居への気持ちについて話が聞けた。

【圧巻のラスト大殺陣、石川由依に宿ったA2誕生の瞬間!「音楽劇ヨルハVer1.2」千秋楽!! より続く】

田中はモーニング娘。卒業後はガールズバンドLoVendoЯのリーダーとして活動。ソロでもボーカリスト、女優として活躍している。彼女の魅力は何と言ってもアニメキャラのような容姿と仕草、格好良さも同居する愛らしい2.5次元力だろう。元々モーニング娘。時代にも数々の舞台に上がり、グループ卒業後も「ふしぎ遊戯」(2016年)、「悪ノ娘」(2017年)のミュージカルで主演を務め、原作再現としてこれ以上ないくらいのハマリっぷりを見せてきた。

今回演じた四号はチームのムードメーカーで、明るく、可愛く、ギャルな性格のヨルハ。衣装も1人だけショルダーレースで飾り、黒いゴーグルも眼帯風にお洒落にカスタマイズ。田中自身も「ヨルハの中で一番お洒落な役ということで、厚底にしてもらって、リボンもしたりとか、普段の私でいける感じの役です(笑)」と、お気に入りの様子で笑顔を見せた。

過去の舞台では情感豊かな芝居や日常的な自然な芝居も見せてきた彼女だが、今回はそんな四号のためか、キャラクター性が全開に。1つ1つの仕草が可愛いのはもちろん、まるでフィギュアのような容姿も観客の目を引き付けていた。もちろんキャピキャピの芝居だけではなく、殺陣は鮮やかに決め、時にはシリアスに。役者としての引き出しもしっかり見せる。そして、圧巻は一幕目クライマックスに訪れた歌唱パートだった。

生演奏による「ガダルカナル」のイントロが始まると、マイクを手にする田中が上段ステージに現れる。田中のソロから始まり、河野万里奈とのツインボーカルに。そしてエミ・エヴァンスも加わり、トリプルボーカルへとユニゾンを広げていく。さらに田中はダンスにも合流するが、激しく踊りながらもビブラートを効かせる歌声は一切ブレず、ますます響き渡るほど。モーニング娘。卒業後も歌の道に進んだ“ボーカリスト・田中れいな”の実力が遺憾なく発揮され、このシーンばかりはヨルハの舞台でありながら、田中のライブステージのようでもあった。

最後、四号は二号を生かすため、「さよなら」と笑いかけながら自爆するが、そこまでの全ての芝居は田中れいなだけが作れる、彼女らしい四号だった。

終演後の挨拶では、「ヨルハ4人は楽屋でも固まることなくていつもみんな別々なことをしてるんですよ。そういうところも本当にヨルハそのままなんですけど、でもすごくいやすくて、本当にいい4人だと思いました。こういうビジュアルになれたことにテンション上がって、武器も『目立つやん! カッコイイやん!』っていう軽いところから入ったんですけど、振り回したらとんでもなく重くて。この重みを表現するにはどうすればいいのか、試行錯誤しながら挑戦した舞台でした。この業界に入って16年経つ今でも新しい発見、課題があるんだなと思えた舞台でした。皆さん、8公演ありがとうございました」と笑顔でコメントした。

■ 演じ切れたかな、どうかな?

――悲しい物語ではありますが、田中さんの芝居はとても明るいものでした。

仲間がどんどん死んで、最後には四号も死んでしまうんですけど、悲しく死んでいくならそこをいかに悲しく見せるかが大切だと思って、途中までの楽しいシーンを楽しく明るく演じようと思いました。

でも、おバカなキャラっていうのはあるんですけど、あまりバカっぽく見られたくはない(笑)。お洒落が大好き、明るくてみんなを元気にさせるという四号を演じ切れたかな、どうかな?という感じです。

――初挑戦の殺陣はいかがでしたか?

初めてなのに、一番重くて大きな刀を渡されて、「うわ~、最初からすごいのにぶつかった」って思いました(笑)。殺陣がこんなにも力を使って、手だけでなく足で踏ん張らないといけないとか、色んなことが勉強になりました。稽古で振りをつけてもらっていた時は「まだあるの?」っていうくらい長く感じたんですけど、実際通しでやってみるとあっという間でしたね。

私は今回の舞台、“格好良い殺陣を見せる”というのを目標にしていたんですけど、いきなりゲネ(ゲネプロ)で刀が折れる(刀身が抜けた)というハプニングがあって(笑)。「これはアドリブ力が試されている!?」って感じでとっさに続けたんですけど、柄だけじゃないですか? 本格的な殺陣が初めてなので他がどうなのかは分からないんですけど、今回のれいなの殺陣って、(長い刀のため)遠近法をめっちゃ使わなきゃいけない振りになってるんですよ。

その感覚が分からないから最初はどうしても近寄って斬りかかっちゃって、みんなに「危ないよ、危ないよ」って言われてたんですね。でも、折れて“これくらい”になってしまったのに遠近法とか言ってたらおかしいから、「どうしよ!?」って一瞬の中で考えて、残った柄で近くから斬りにかかりました(笑)。ゲネでのハプニングで良かったです。

■ マイクを持つとスイッチが入るんですよ

――歌唱パートですが、まさかマイクを手に歌うとは思っていなかったので驚きました。

そうなんですよ。最初れいなも全然知らなかったので、聞いた時は嬉しくなりました。「マイク持っていいんだ!」って。やっぱりマイクを持つとスイッチが入るんですよね。もちろん四号であることを忘れてはいけないんですけど、歌の部分は田中れいなのパフォーマンスをアピールするチャンスなのでいつも気合が入ります。

こんなふうに歌うんだ、こんな歌声の子なんだと、ボーカリストとしての田中れいなを見てもらいたくて。何分かの短い中で、お客さんの目に焼き付けてやるぞっていう気持ちで歌ってましたね。

――ヨルハの衣装と合わさってライブのようでした。

私、ファッションもちゃんとしてたくて、四号は私にぴったりの役と言ってもらえてたので、スタイル的にちょっと田中れいなを入れてもらったんですね。この厚底とか(笑)。本音を言うと最初は「殺陣、大丈夫かな?」という不安があったんですけど、その不安以上に四号の素敵なルックスに引き込まれていきました。銀髪だったり、リボンだったり、1人だけガーターベルトでエロ可愛いみたいな感じがすごく大好きです。

厚底なんかは殺陣にはホントにダメな靴で、みんなに「大丈夫?」って心配されるくらいやりづらいんですけど、それでも見た目は絶対に大事にしたいんです。

れいなのことをフィギュアみたいだねって言ってくれる方も多くて、そういう風に見てくれる方の夢を壊さないように、ルックスもちゃんとして殺陣もこなす。そんな課題がたくさんあった舞台です。

――最後にファンにメッセージをお願いします。

今回、この「ヨルハ」という作品に携わることができて、本当に嬉しく思っています。皆さんも「ヨルハ」の世界観にどんどん引き込まれていって、最後はズーンとした心で帰っていったんじゃないでしょうか(笑)。

悲しいなとは思うけど、「イエーイ!!」みたいなテーマではなく、そこは演じている側も袖から見ていると泣きそうになってくるところでした。でも、そういう感情にさせられるというのが逆に素晴らしいところでもあると思うし、少なくとも私はお芝居のそういう部分が楽しくて舞台に立たせてもらっています。

舞台って完璧だと思っても毎公演得るものが必ずあって、前日の自分よりどんどんレベルアップしていくんです。これからもそういう自分を見せられたらなと思います。

田中は5月に次の舞台「信長の野望・大志」を控えており、そこではヒロインとなる織田信長の妹・お市を演じる。「ヨルハ」の糧がどう生かされていくのか、こちらの公演も楽しみなところだ。(ザテレビジョン・文:鈴木康道)

https://news.walkerplus.com/article/137339/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス