最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

“男前”高杉真宙に絶賛の嵐 長澤まさみも成長を喜ぶ<第72回毎日映画コンクール>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【高杉真宙/モデルプレス=2月15日】俳優の高杉真宙が、毎年恒例の映画賞「第72回毎日映画コンクール」の俳優部門でスポニチグランプリ新人賞を受賞し、15日に神奈川県川崎市内で行われた表彰式に出席した。

宇宙人役を演じた映画「散歩する侵略者」での演技を評価されての受賞となった高杉。緊張の表情を浮かべながらも「模索しながら不安を感じながら演じたんですが、自分のやったものが少しでも宇宙人ぽく見えていたのかなと安心できました」と受賞の喜びを伝え、「新人賞は一度きりしかもらうことが出来ないので、賞をいただく度に嬉しいんですが、頑張らなきゃなとも思います。もっと上に進むしかないので、努力してサボらず、演技を続けてまたここに立ちたい」と力強く語った。

同作の黒沢監督から「会う度に大人になる。こんなに美しくて品がいい生まれながらの特性を持ちながら男らしい。太い芯がドンとある」と絶賛を受けると、高杉は恐縮しつつ「また仕事がしたいと思われるような俳優に。求められるものを120%で出し切れるような俳優になりたい」と意気み。さらに黒沢監督は「日本で素晴らしい役を演じてもらいたいですが、もっと広く世界に進んでもらいたい」と今後への大きな期待を寄せた。

司会の生島ヒロシは、高杉を間近にすると整った顔立ちを褒めちぎり「自分の顔で好きなところはどこですか?」と直球質問。高杉は「僕ですか?」とたじろぎつつも「あえて言うなら眉が好きです」と笑顔で回答した。

また、同作で女優主演賞を受賞した長澤まさみのスピーチの場面でも、「高杉くんはイケメンでしたね」と長澤に投げかけるなど、高杉の美貌をべた褒めの生島。

長澤は「そうですね」とはにかみ、「すごく真面目ですし、以前、先生と生徒役で共演したこともあるので、頑張っている姿を見ると私自身も嬉しい気持ちになります」と高杉の受賞を祝福した。

◆毎日映画コンクール



「毎日映画コンクール」は1946年に創設された毎日新聞社やスポーツニッポン新聞社が主催する映画の賞。今回で72回目の開催とその歴史は長く、作品、俳優はもちろん、スタッフにも賞を贈り、「ドキュメンタリー」「アニメーション」の賞も設けているのが特徴だ。

ほか、表彰式には男優主演賞の菅田将暉、女優主演賞の長澤まさみ、男優助演賞の役所広司、女優助演賞の田中麗奈らが出席。日本映画大賞には「花筐/HANAGATAMI」が選出された。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス