【平成初期の名車列伝】ありそうで無い、5ナンバーFRセダン・BMW E36系3シリーズ

clicccar

2018/2/15 17:33


今見ても価値がある平成初期の名車を紹介するシリーズ企画。今回紹介するのはE36型BMW3シリーズセダンの、日本では珍しいエンジンを搭載したモデルです。

●BMW318i
全長×全幅×全高:4435×1695×1395mm(日本仕様の数値)

平成2年に登場したE36型BMW3シリーズ・セダンは、全長4.4m・全幅1.7mの5ナンバーサイズでした。デビュー当初、エンジンは1.8L・SOHCの4気筒(グレード名は318i)と2.5L・DOHC6気筒(325i)がラインナップされます。トランスミッションはATのみ、ステアリング位置は4気筒が右、6気筒は左でした。

ただしここで紹介するのは並行輸入された北米仕様車です。1.8L・4気筒エンジンを搭載していますが、日本では選択できない左ハンドルなのが見た目でわかる特徴。ただ、実はもっと大きな違いが目に見えない部分にあるのですが、それは少し後で。

まずは、なぜこんなニッチなモデルを選んだのかをオーナーの”GO OUT!!“さんに聞いてみましょう。


「以前、ユーノス・ロードスターに乗っていたことがありまして、その乗り味が好きだったのです。乗り換えるにあたりこのマツダ製スポーツカーのクローズド版のようなものはないかと思って探していく中で、数台の車歴をはさんで最終的にたどり着いたのがこのアメリカ向け318iです。
NAロードスターと同じ5ナンバーサイズ・FRであることは決め手の一つでしたが、E36であれば何でもいいというわけではありません。これは日本仕様には存在しない4気筒DOHCを積んだモデルでして、それこそが購入の直接の理由なのです」

そう、日本仕様と同じ318iというグレード名ですが、US仕様にはツインカムユニットが積まれているのでした。

ただちょっと疑問が。DOHCユニットが好きなら、そしてスポーツ志向のエンジンがいいのなら素直に日本仕様の6気筒モデルを買えばいいのでは?

「BMWのスポーツモデルといえば6気筒が良いとされる風潮もあります。が、4気筒エンジンはユニット自体が軽く、またE36では搭載位置もボディの中央近くになる(フロントミッドシップ)のでハンドリングが軽快なのです」


なおオーナーは購入後に、当初はATだったミッションを5MTに載せ替えました。もちろんスポーツドライビングのためです。

「ツインカムユニットを高回転まで引っ張りつつコーナーを曲がるのはとても楽しいです。まさにロードスターそっくりのフィーリングが味わえますよ」

いわば5人乗りロードスターと言ったニュアンスのE36・318iツインカム。

こんなモデルが欲しいなあ、という方も少なくないのでは? そこで耳寄り情報です。

このレアな北米仕様を見つけることは難しいけれど、ちょっとした裏技的代案があると”GO OUT!!”さんに教わりました。実はこの4気筒DOHC&5MTの組み合わせを持つ日本仕様のE36が存在するのです。それは2ドアクーペモデルの『318is』。

これならいまだに中古市場で流通していますし、プレミアム価格にはなっていません。

コンパクトで楽しいスポーツがないと嘆いている方、こんなドイツ製FRはいかがでしょう?

●北米仕様318iのエンジンスペック
M42B18型・4気筒DOHC
最高出力:138hp/6000rpm
最大トルク:175Nm/4500rpm



(写真・動画・文/ウナ丼)

【関連リンク】

GO OUT!!さんのプロフィール – みんカラ
http://minkara.carview.co.jp/userid/430085/profile/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス