最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

ハローキティらサンリオキャラクターが歌舞伎に挑戦! 中村獅童、坂東巳之助も登場する本格歌舞伎ミュージカルが3月上演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンリオピューロランドが松竹とタッグを組み、“歌舞伎”を取り入れた新作ミュージカル『KAWAII KABUKI ~ハローキティ一座(いちざ)の桃太郎~』を上演する。ピューロランドで歌舞伎を取り入れたミュージカルを上演するのは初めてのこと。公演は、2018年3月10日(土)よりピューロランド内メルヘンシアターにて開催される。

サンリオキャラクターたちの“KAWAII”と、歌舞伎という日本の伝統的な“和”の融合、さらにメルヘンシアター初のプロジェクションマッピングの演出で、今までにない参加型スペクタクル・エンターテインメントショーを展開する本公演。脚本・演出は『スーパー歌舞伎』を手掛けてきた横内謙介を起用し、市川笑三郎の歌舞伎演技指導のもと、ハローキティたちが初めて歌舞伎に挑戦する。サンリオキャラクターが歌舞伎の新衣裳で登場し、見得や大立廻りなど歌舞伎の技法や演出を披露する姿は必見だ。
歌舞伎スタイルのシナモロール、ハローキティ、ポムポムプリン
歌舞伎スタイルのシナモロール、ハローキティ、ポムポムプリン

声の出演として中村獅童、映像出演として坂東巳之助も登場決定。中村獅童は物語の重要人物でもある“鬼”の声を、坂東巳之助は、シアター初登場の歌舞伎のPRキャラクター「かぶきにゃんたろう」と一緒にハローキティたちを救う。
かぶきにゃんたろう
かぶきにゃんたろう

<あらすじ>
ピューロランドに誕生したハローキティ一座。一座のこけら落とし公演『桃太郎』の上演から物語はスタートする。鬼はバッドばつ丸、その鬼に立ち向かう正義の武者を、シナモロール・ポムポムプリン・ディアダニエルが演じ、鬼達との戦いに三武将は悪戦苦闘するも、ハローキティ座頭演じる桃太郎の登場で無事に劇中劇は幕を閉じる。しかしその公演が終わった後、一変して劇場中の電気が火花を散らして停電に。やっと明かりが戻ると、目の前に現れたのは、一座の誰も見覚えの無い鬼。突如現れた見知らぬ鬼の姿に劇場裏は大パニック! 果たして、この鬼の正体は一体誰なのか?

物語は、日本では誰しも馴染みがある昔話『桃太郎』を題材としており、歌舞伎を見たことがない人にもわかりやすいものになっている。友情や、個々の違いを認め合い、お互いを知る事の大切さ。そして「みんななかよく」をテーマに描いたストーリーに加え、歌舞伎の演出、臨場感あふれる映像効果、そしてアクロバティックなダンスパフォーマンスなど、様々な要素が盛り込まれたピューロランドでしか観ることができない新作ミュージカルをぜひご覧いただきたい。


公演情報
KAWAII KABUKI ~ハローキティ一座の桃太郎~

■上演開始日:2018年3月10日(土) 終了日未定
■上演場所:サンリオピューロランド内 メルヘンシアター
■上演回数:1回約40分
■出演キャラクター:ハローキティ、 シナモロール、 ポムポムプリン、 ディアダニエル、 バッドばつ丸
■特別映像出演:かぶきにゃんたろう
■声の出演:中村獅童
■映像出演:坂東巳之助

■公式サイト:https://www.puroland.jp/kawaiikabuki/

外部リンク(SPICE)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス