最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

香川県が90%作ってる、メイドインジャパンなアイテムってな~んだ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像
日本の手袋は、香川県東かがわ市が90%ものシェアを誇る産地であることをご存知でしょうか?

繊細な手仕事を通じて生み出される手袋は、まさにメイドインジャパンを代表するアイテム。

そんな東かがわ市の手袋ブランド「tet.(テト)」は、手袋を中心とした手にまつわるオリジナル商品を展開しています。ブランド名であるtet.は、手と、その先に広がるさまざまな物語を伝えていくという思いが込められています。

ハマグリのようでかわいい「hamaguri(ハマグリ)」シリーズ
ハマグリのようでかわいい「hamaguri(ハマグリ)」シリーズ
ハマグリのようでかわいい「hamaguri(ハマグリ)」シリーズ

「hamaguri(ハマグリ)」シリーズは、ハマグリの貝のような三角形の、かわいらしい手袋。実はハマグリというのは、手首部分に施された刺繍の名前なんです。

指なしタイプと指ありタイプを選べて、指なしタイプはパソコンなどの細かな作業をする時にも大活躍。

ウールの中でも最高級とされるオーストラリア産のメリノ種ラムを80%贅沢に使用しているので、あたたかさもバツグンです。

やさしくなめらかに髪の毛を乾かす、ヘアケア用手袋
やさしくなめらかに髪の毛を乾かす、ヘアケア用手袋
やさしくなめらかに髪の毛を乾かす、ヘアケア用手袋

一度使うと手放せない、ヘアドライグローブ。香川県のお隣・愛媛県の今治タオルと手袋の縫製技術のコラボレーションによって生まれました。

吸水性がバツグンであり、洗濯してもやわらかさが持続する今治タオル。このグローブを使用すると、やさしくなめらかに髪の毛を乾かすことが可能です。

タオル生地の伸びにくい・ほつれやすいといった縫製上の課題を、東かがわ市の手袋縫製技術を生かすことで解決したコラボアイテム。手の自然な形にフィットする立体的な仕様が特徴です。

手を洗いながらケアするハンドソープ
手を洗いながらケアするハンドソープ

tet.オリジナルのハンドソープ。手袋を作るプロフェッショナルによる、手を洗いながらケアするという発想から生まれた商品です。

このハンドソープには機能性医学の考え方が取り入れられており、スキンケアの原点である洗うこと、保湿することを基本とした肌の働きをサポートするアイテムとなっています。

tet. ×BEANS JAPAN コラボ
tet. ×BEANS JAPAN コラボ
tet. ×BEANS JAPAN コラボ

tet. ×BEANS JAPANのコラボ別注アイテム。tet.で人気のカシミヤ手袋とウールの手袋の中からそれぞれ、BEANS JAPAN別注カラーのアイテムが展開されています。

カシミヤの手袋は最もベーシックな天竺編みで、発色のいい深みのあるオレンジを使用。ウールの手袋はスリートーンズという3色の切り替えが特徴的。どちらも幸福を呼び込むカラー・オレンジが印象的で、「この冬に幸せを掴みますように。」という願いが込められています。

KIDSサイズも用意されているので、家族でお揃いのコーディネートが楽しめますよ。

tet.(テト)

メイドインジャパンのこだわりと繊細さを体現したtet.。まだまだ寒いこの季節、手を大切にするためにも、上質な手にまつわるアイテムをチェックしたいものです。

tet.(テト)

写真提供:tet.

外部リンク(roomie)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス