【サバイバルスキル】水とビニール袋で火を起こす方法とは??

ViRATES

2018/2/14 20:00

都会に住んでいようと田舎に住んでいようと、もしもの時のためのサバイバルスキルは覚えておいて損はない。

今回紹介するのは、ライフラインが断たれた時に暖を取るために重要な「火起こし」。

ライターなどを持っていないときのために覚えておきたいスキルだ。

しかし今回使用するのは「水」と「透明なビニール袋」(と燃やすための草や紙)だ。

一見火起こしとは縁遠そうな材料だが、一体どうやって火を起こすのか??

 

 
画像出典:YouTube(Caters Clips)

 
画像出典:YouTube(Caters Clips)

 
画像出典:YouTube(Caters Clips)

 
画像出典:YouTube(Caters Clips)

頭の回転が速い人は動画を見る前に気づいただろう。そう。ビニールに水を入れて丸め、虫眼鏡のようにして太陽の光を集めて火を起こすのだ。

答えを言われると一見シンプルな答えだが、思いつきそうで思いつかないアイデア。

万が一の時のために、こういった「火」と縁がなさそうな材料からでも火を起こせるということを覚えておこう。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Caters Clips)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス