アニメ「銀河英雄伝 Die Neue These」第1話先行上映会が決定!

ザテレビジョン

2018/2/15 14:00

アニメ「銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅」が2018年4月にスタートする。放送開始に先駆けて、3月29日(木)に東京・丸の内ピカデリーで「第1話先行上映会」を行うことが決定した。

「銀河英雄伝説」は、遙か未来の宇宙を舞台にしたSF小説。数々のヒット作を生み出した作家・田中芳樹の代表作で、1982年に第1巻が刊行されて以来、本伝10巻、外伝5巻の大長篇小説として累計1500万部のセールスを記録。

1988年からはアニメシリーズが本伝110話、外伝52話、長篇3作という圧倒的なボリュームで展開され、多くのファンを獲得した。

そして今回、「攻殻機動隊」シリーズなど数々の話題作を手掛けたProduction I.Gが、原作小説「銀河英雄伝説」を第1巻「黎明篇」から順に、改めて新作アニメーションとして制作するプロジェクトが始動。

新アニメ「銀河英雄伝説 Die Neue These」は、ファーストシーズン「銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅」が2018年4月からテレビで放送され、セカンドシーズン「銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱」が2019年中にイベント上映される。

■ ストーリー

数千年後の未来、宇宙空間に進出した人類は、銀河帝国と自由惑星同盟という“専制政治”“民主主義”の異なる政治体制を持つ二国に分かれた。この二国家の抗争は150年に及び、際限なく広がる銀河を舞台に、絶えることなく戦闘を繰り返されてきた。

長らく戦争を続ける両国家。銀河帝国は門閥貴族社会による腐敗が、自由惑星同盟では民主主義の弊害とも言える衆愚政治が両国家を蝕んでいた。

そして、宇宙暦8世紀末、2人の天才の登場によって歴史は動く。「常勝の天才」ラインハルト・フォン・ローエングラムと、「不敗の魔術師」と呼ばれるヤン・ウェンリーである。2人は帝国軍と同盟軍を率い、何度となく激突する。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/137393/

あなたにおすすめ