ゴールデンボンバー・歌広場淳やジュリアナクィーン・荒木師匠、白石和彌監督らが映画『ザ・キング』を絶賛 著名人コメントが到着

SPICE

2018/2/15 12:30


3月10日(土)公開の映画『ザ・キング』を鑑賞した著名人のコメントが到着した。

『ザ・キング』は、韓国で観客動員530万人をこえるヒットを記録した映画。1980年から2010年の激動の韓国を背景に、歴代の大統領選の裏で繰り広げられる、検事たちの金と権力をめぐる駆け引きを描いたクライムエンタテインメントだ。ケンカ好きの貧しい青年から地方検事となるパク・テスを『ラブストーリー』『卑劣な街』のチョ・インソンが、テスが出会うエリート検事部長ガンシクを『アシュラ』のチョン・ウソンが、上司に絶対服従のドンチョルを『インサイダーズ/内部者たち』などのペ・ソンウが演じている。


同作を鑑賞したのは、『凶悪』『孤狼の血』の白石和彌監督や、小説家・真山仁氏、さらにはゴールデンボンバー・歌広場淳や、ジュリアナクィーン荒木師匠(荒木久美子)などさまざまなジャンルで活躍する著名人。白石監督は「韓国現代史の裏で繰り広げられる超ハイカロリーパワーゲーム。やりたいこと全部やってる感が凄い。ていうか羨ましい。権力の闇を描くこの映画は韓国以上に日本にこそ必要な映画だ」と絶賛し、歌広場は「おい、俺たちの大好物が来たぞ!“やられたらやり返す…倍返しだ!”が口グセの男に夢中になった人は全員集合だ!!!」と興奮が伝わるコメントを寄せている。

以下、著名人コメント。

各界著名人から絶賛の声続々!(順不同・敬称略)

白石和彌(映画監督)


韓国現代史の裏で繰り広げられる超ハイカロリーパワーゲーム。

やりたいこと全部やってる感が凄い。ていうか羨ましい。

権力の闇を描くこの映画は韓国以上に日本にこそ必要な映画だ。

真山仁(小説家)


政治とは暴力だ――と看破したマックス・ヴェーバーの至言が、艶やかに壮絶に浮かび上がる権力エンターテインメントは、危険すぎて観る者全てを虜にするだろう。

モーリー・ロバートソン(ジャーナリスト)


まさに「ポピュリズム」を利用する権力。気づけば引き込まれていく大衆心理を巧みに操る様は、現代社会と照らし合わさずにはいられない。

塚越健司(情報社会学者)


自分に嘘をつき、信じたい事だけを信じる男たち。その悪徳の限りを、娯楽と韓国的な道徳を交えて描く稀有な作品。

葉真中 顕(作家)


韓国政治の裏で蠢く悪徳検事たち。正義は誰によってつくられるのか。〝民主主義の死と再生〟を目撃せよ!

ジュリアナクィーン荒木師匠(荒木久美子)


主人公は表、親友は裏それぞれの社会での活躍から華やかさとダークな部分の対比。冷や冷やしながら観ていましたが最後の計画が痛快。 韓国美女も抜群のスタイルで花を添えていてそれも良かったです。

金慶珠(東海大学教授)


ダンディな男たちの仁義なき闘いの記録。韓国社会のリアルな実像、そして人間社会の本性を優雅に暴くこの映画は、内部告発者の声なき悲鳴に覆われている。

恩納 力(AbemaTV


プライドを捨てろ!権力に寄り添え!」毎日、朝礼で言われたい。全社メールで送って欲しい。全国にいる社畜の仲間達よ、『ザ・キング』を観て、出世競争を勝ち抜きましょう。

郷原信郎(弁護士)


戦前の日本と同様に、刑事事件の捜査と起訴の権限が集中する検察での「権力と欲望の暴走」の恐ろしさをリアルに描く力作。

歌広場淳(ゴールデンボンバー)


おい、俺たちの大好物が来たぞ!

「やられたらやり返す…倍返しだ!」が口グセの男に夢中になった人は全員集合だ!!!

また、『おじさん図鑑』(小学館)、『おじさん追跡日記』(文藝春秋)など、綿密な人間観察と味わい深いイラストで知られるイラストレーター・なかむらるみ氏は、主人公の新人検事パク・テス(チョ・インソン)、検事部長ガンシク(チョン・ウソン)、ドンチョル(ペ・ソンウ)の“悪に染まる検事三人組”がダンスする一コマのイラストとコメントを寄せている。
なかむらるみ氏描きおろしイラスト
なかむらるみ氏描きおろしイラスト

映画『ザ・キング』は3月10日(土)シネマート新宿ほか全国順次ロードショー。

作品情報
映画『ザ・キング』 監督:ハン・ジェリム『観相師―かんそうし―』 出演:チョ・インソン「大丈夫、愛だ」 チョン・ウソン『アシュラ』 ペ・ソンウ『インサイダーズ/内部者たち』リュ・ジュンヨル「恋のスケッチ ~応答せよ1988~」 公式サイト:http://theking.jp/ (C)2017NEXT ENTERTAINMENT WORLD & WOOJOO FILM All Rights Reserved.

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス