りゅうちぇる「テレビから消えた」理由に賛否 「迷走してる」との声も

しらべぇ

2018/2/15 12:00


2015年、カリスマショップ店員としてテレビ出演を果たし、瞬く間に人気者となったりゅうちぇる(22)が、14日放送『1周回って知らない話』(日本テレビ系)に登場。

「最近、テレビで見なくなった理由」を告白し、視聴者から賛否が起こる結果に。

(画像はりゅうちぇる公式Instagramからのスクリーンショット)

■アーティスト・RYUCHELL


2016年のテレビ出演数は289本、しかし2017年9月以降はテレビ出演が激減し、11月にはわずか8本。その露出の少なさから、「テレビで見なくなった」「飽きられた」など厳しい声が世間に溢れている。

それに対しりゅうちぇるは、かねてからの夢だった「音楽活動」の準備でテレビ出演を控えていたと明かし、同日に「RYUCHELL」名義で歌手デビューしたことを発表した。

それでも、新婚、さらに子供を授かったばかりのりゅうちぇるは、「すごく不安」と現在の心境を吐露。「分かりやすく数字に出る、しっかり結果を出さなければいけない」と音楽活動への意気込みと不安定な将来への本音を語った。

■こだわり抜いたMV


番組はアーティスト・RYUCHELLのミュージックビデオ撮影風景にも密着。ファレル・ウィリアムスも担当した世界的なMV監督やマドンナのバックを務めたダンサーなど、豪華メンバーが集結した。

1年前から本格的なダンス練習をはじめ、15時間かけて完成したMVは80年~90年代をイメージ。

撮影に至るまでに綿密な打ち合わせを重ね、衣装やメイク、照明や撮り方、背景にまで自分の意思を細かく示しすぎた結果、「こっちも考えてやってんだけど」と監督が愚痴る一幕もあった。

■視聴者の反応は…


アーティストとして新たな一歩を踏み出したりゅうちぇるに、視聴者からさまざまな反応が起きている。








■否定的な意見も…


好意的な意見の反面、「迷走している」など否定的な意見も多かった。








■4割は「夢が持てない」


しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,368名を対象に調査したところ、4割が「夢を持てなくなった」と回答した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

社会的にはまだまだ「若手」の20代でも37.1%が「夢を持てない」中で、りゅうちぇるは夢を持ち、そこに向かって歩きだした。

これまで明るいキャラクターでお茶の間の人気を得たりゅうちぇるが、アーティストとなってどれほどの活躍をみせてくれるのか。ファンだけでなく、世間が注目しているだろう。

・合わせて読みたい→滝沢カレンが「今のりゅうちぇる」を表現した「四字熟語」に視聴者絶賛

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年8月26日~2016年8月29日
対象:全国20代~60代の男女1,368名(有効回答数)

あなたにおすすめ