最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

LINE友達追加のセキュリティ設定を再チェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで注意したいのが、アドレス帳の連絡先から友だちを自動で登録する「友だち追加」という機能です。自動でアドレス帳を反映して「友だち」登録する機能は便利な一方で、無差別に「友だち」登録してしまうデメリットもあります。LINEの友達追加の3つのセキュリティ設定を再チェックしましょう。

LINE友達追加のセキュリティ設定を再チェック

LINEは面識のない人でも友達追加


LINEで連絡を取りたい知り合いだけを友だち追加したいなら、電話番号を使った「友だち」への追加をオフにしておかなければなりません。そのためには「友だち」の追加設定はオフにしておきましょう。

LINEの友達追加をオフにするには、右下にある「…」をタップしたら、右上の歯車アイコンをタップして設定画面を開きます。設定項目から「友だち」を選んでタップ。「友だち自動追加」「友だちへの追加を許可」の項目をオフにするのです。

このほか、18歳以上で年齢認証を行っていれば、自分のIDを持つことが可能。Twitterなどと同じIDを使っていたりSNSで公開していたりすると、面識のない人に検索されて友達追加される場合があります。

LINEは友達追加なしでメッセージ


そこで、IDで検索されないようにするように設定も必要です。LINEの右下の「…」をタップしたあと、右上の歯車アイコンをタップして設定画面に移ったら「プライバシー管理」で「IDで友だち追加を許可」という項目があるはず。この項目をオフにすれば、あなたのIDが検索されなくなります。

さらに、LINEは自分で友達追加していなくても、相手が自分を「友だち」に追加していればメッセージを送ることが可能。知らない人からのメッセージを受けとりたくない場合は、受信拒否するように設定しておきます。

まずは設定画面の「プライバシー管理」をタップ。ここで「メッセージ受信拒否」は初期設定ではオフになっているはずです。ここでスイッチをタップすれば「メッセージ受信拒否」の機能が有効。これで友達以外からのメッセージは受信しません。


外部リンク(ラジオライフ.com)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス