平山&メアリージュンがラブシーンを実況解説!? 『となかぞ』第5話副音声に登場

クランクイン!

2018/2/15 11:00

 深田恭子と松山ケンイチが妊活に励む夫婦を演じる『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系/木曜22時)。今夜放送の第5話で、深田・松山夫婦と同じコーポラティブハウスに住むカップルを演じる平山浩行と高橋メアリージュンが、副音声企画に登場することが発表された。

【写真】『隣の家族は青く見える』第5話場面写真フォトギャラリー

前回の放送では、ゲイカップルの渉と朔を演じる眞島秀和と北村匠海が担当し話題を呼んだ副音声企画。今回登場するのは“バツイチ男性と子どもが欲しくない女性”の事実婚カップル、亮司(平山)とちひろ(高橋)だ。

連続ドラマの副音声は、初挑戦となる平山と高橋。最初は無言でシーンに見入ってしまっていたものの、慣れてくると奈々(深田)を見て「かわいい~」とつぶやく高橋に、平山が亮司ばりのチャラさで「ちひろもかわいいよ」と軽口をたたくなど和気あいあいの雰囲気に。撮影秘話やぶっちゃけ裏話を展開するほか、自分たちのラブシーンに高橋が「きゃー」と叫び声をあげたり、互いに恥ずかしがったりする場面もあった。

今夜の放送では、人工授精にステップアップする奈々と大器(松山)夫婦、セクシャリティーを嘲笑する怪文書に事務所からの独立を決意する渉(眞島)、娘がダンスに夢中になっていることを知る真一郎(野間口徹)と深雪(真飛聖)夫婦など、どの家族もさまざまな問題に直面する。元妻との子どもを引き取らざるを得なくなり、二人の関係が大きく動き出す第5話を、演じた平山と高橋がどう語るのか注目だ。

平山と高橋が副音声を担当する『隣の家族は青く見える』第5話は、フジテレビ系にて2月15日22時より放送。

あなたにおすすめ