最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~」、4月8日放送スタート! PV第1弾も公開に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「レイトン ミステリー探偵社 ~カトリのナゾトキファイル~」の放送日時が、2018年4月8日(日)に決定した。

「レイトン」シリーズは、シルクハットがトレードマークの英国紳士・レイトン教授と、自称その一番弟子「ルーク」が不思議な事件の依頼を受け、数々の難事件を解決していく人気アドベンチャーゲーム。

シリーズ最新作となる「レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀」では、主人公がレイトン教授から娘の「カトリーエイル・レイトン」(カトリー)にバトンタッチ。これまでの壮大なナゾを解いていくスタイルから、ロンドンで起こる小さな怪事件のナゾを次々に解いていく「ハイスピードなコミカルナゾトキストーリー」という新しいコンセプトでシリーズのイメージを一新。より日常的で身近な、まったく新しい「レイトン」シリーズとなっている。

TVアニメ版のスタッフは、クリエイティブディレクター/原案・シリーズ構成は、「妖怪ウォッチ」、「スナックワールド」を手がけた日野晃博さん、監督が「ハイキュー!!」シリーズの満仲勧さん。アニメーション制作は、「アルスラーン戦記」シリーズのライデンフィルム。
2018年春アニメ一覧

そして今回、本作の放送日時が2018年4月8日(日)に決定! さらに、本作の魅力とワクワク感が味わえるPV第1弾も公開となっているので、あわせてご紹介しよう。



【作品情報】(※敬称略)
■TVアニメ「レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~」
・放送日時:2018年4月8日より 毎週日曜8:30~
・放送局:フジテレビほか
※放送時間は変更になる場合があります。
※最新の放送情報は公式サイトをご覧ください。

<スタッフ>
・クリエイティブディレクター/原案・シリーズ構成:日野晃博
・原作:レベルファイブ
・アニメーション制作:ライデンフィルム(「アルスラーン戦記」シリーズ)
・監督:満仲勧(「ハイキュー!!」シリーズ)
・キャラクターデザイン原案:長野拓造
・キャラクターデザイン:高田謡子
・助監督:migmi
・プロップデザイン:小野田貴之
・色彩設計:茂木孝浩
・美術監督:中久木孝将
・背景:キューン・プラント
・音楽:西浦智仁
・音響監督:田中亮
・音響効果:稲田祐介
・音響制作:東北新社
・撮影監督:岡野亜友未
・撮影:グラフィニカ
・3DCGI:FelixFilm
・編集:廣瀬清志 榎田美咲

<キャスト>
・カトリーエイル・レイトン:花澤香菜
・シャーロ:小杉十郎太
・ノア・モントール:池田恭祐
・ダージリン・アスポワロ:多田野曜平
・サイモン・ライト:今井翼

【ゲーム情報】
■「レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀」
TVアニメの主人公「カトリー」が活躍する「レイトン」シリーズ最新作のゲーム「レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀」のiOS/Android版にて、エピソード01「時計仕掛けのスウィーツ」が無料で遊べるスターターパックが配信中! 通常版のダウンロード価格が1,900円のところ、スターターパックは無料でダウンロードできます。エピソード01をプレイし、もっとストーリーを読みたい、もっとナゾトキをしてみたいという方は、各エピソードがセットになったエピソードパックを追加で購入できます。ぜひ、「レイトン」シリーズのナゾトキをお楽しみください。

■iOS/Andoird「レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀」
・ゲーム公式サイトhttp://www.layton.jp/mystery-journey/

・「スターターパック」(エピソード01収録):無料+アイテム課金
・「エピソードパック1」(エピソード02~04収録):600円
・「エピソードパック2」(エピソード05~08収録):720円
・「エピソードパック3」(エピソード09~12収録):720円
・「エピソードフルパック」(エピソード02~12収録):1,900円

©LEVEL-5/レイトンミステリー探偵社

>> 「レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~」、4月8日放送スタート! PV第1弾も公開に の元記事はこちら

外部リンク(アキバ総研)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス