いびき防止するアイマスク型デバイス

ウェザリージャパンは、いびき防止ウェアラブルデバイス「Snore Circle Smart Eye Mask / スノアサークル スマートアイマスク」を発表し、2月15日より同社オンラインストア(http://weatherly.ok.shopserve.jp/SHOP/snorecircle02.html)にて先行予約販売を開始した。

「スノアサークル スマートアイマスク」は、アイマスクをつけるだけ、骨伝導と音認識で発生したいびきを識別して、スムーズな呼吸をサポートしてくれるデバイス。独自の音認識と骨伝導技術によって、睡眠中に起こるいびきを正確に捉え、本体に搭載されたマイクロサウンドとマイクロバイブレーション(※睡眠を妨げない微弱な音と振動)によって副交感神経と咽頭神経を司る迷走神経へ働きかける。いびきの原因である喉の筋肉の緩みを引き締め、気道を確保しスムーズな呼吸を促す、いびき防止アイマスクだ。

いびきをかいている人をやさし肩をポンポンと叩くと、寝ている本人が起きることなくいびきだけが止まることの原理を「スノアサークル」の高精度テクノロジー振動が再現しているイメージで、合計36パターンの強弱の振動を搭載。優しく肩を叩かれるようで、睡眠を最大限妨げない、より良い睡眠をサポートできるように設計されている。

この製品は、販売開始以降、世界25か国でのシリーズ累計販売台数20万台を突破した「耳につけるだけでいびきを識別・防止するスマートデバイス スノアサークル」のシリーズ最新モデル。日常生活の中でご利用習慣のあるアイマスクにそのテクノロジーを詰め込んだ。

アイマスクは、超軽量38g、快適性を追求した高密度ソフトスポンジを採用。アプリと連動させて“いびき”と“睡眠”を徹底的に記録・管理・分析ができるが、本体だけでもいびき防止機能を利用することができるので、スマートフォン操作が苦手な人や、所有していない人でも気軽に使用可能だ。

「スノアサークル スマートアイマスク」は通常価格が16,200円(税込み)。2月15日~21日に限り、先行販売限定価格12,960円(税込み)で販売する。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス