ベッカム長男、母より恋人クロエ・モレッツ選ぶ

ブルックリン・ベッカム(18歳)が、母ヴィクトリア・ベッカムのニューヨーク・コレクションのショーより、恋人と過ごすほうを選んだようだ。

2月11日に行われた同ショーを観覧する代わりに、ブルックリンは恋人で女優のクロエ・グレース・モレッツ(21歳)との時間を優先させたという。

ショーにはブルックリンの父デビッド・ベッカムや兄弟3人の家族全員が揃っていたが、ブルックリンは2月10日に21歳を迎えたクロエの誕生日を祝うためロサンゼルスにおり、2人が仲良く町を歩く姿が目撃されている。

そんなクロエとの恋愛が順調なブルックリンだが、ブルックリンの元恋人でモデルのタリア・ストーム(19歳)は最近、ブルックリンのような「ひ弱な男の子」とはもう付き合わないと厳しいコメントを向けていた。

2014年にブルックリンと交際していたタリアだが、2人の別れは友好的とはいかなかったようで、ブルックリンとの復縁はありえないと話している。

「私は今、大人の男性を探しているの!前は男の子とばっかり付き合ってきたけど、今は背が高くて、肌がダークでハンサムな男の人がいいわ。ひ弱な男の子じゃなくてね」

あなたにおすすめ