伝説のスパイ、イーサン・ハントに最大の危機!?トム・クルーズが骨折した超絶アクションシーンがついにお披露目!

Movie Walker

2018/2/15 07:00

シリーズ5作の累計興行収入は全世界で3000億円以上。日本でも毎回記録的大ヒットを叩き出しているトム・クルーズが主演を務める大人気スパイアクション「ミッション:インポッシブル」シリーズ最新作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(8月3日公開)の第1弾予告映像がお披露目となった。

トムが演じる伝説的スパイ、イーサン・ハントと彼が所属するIMFに今回託された“ミッション”は、3つの都市を狙った同時核爆発を未然に防ぐこと。タイムリミットが72時間しかない中で、手がかりはおろか敵の存在さえもわからず困難を極める。さらにCIAが送り込んだ敏腕エージェントの登場で、イーサン・ハントに絶体絶命の危機が訪れるのだ。

本シリーズの最大の見どころといえば、トム自らがスタントなしで演じる想像を絶するアクションシーンの数々。これまでも上空1500mを時速400kmで飛行するジェット機に素手で捕まったり、世界一の高層ビル“ブルジュ・ハリファ”の側面を走ったり、長時間の潜水アクションに挑んだりと、常識では考えられないアクションを繰り広げてきた。

今作ではそれ以上のスケールで、シリーズ最難関のアクションに挑戦したトム。山脈を飛行するヘリコピターにロープでしがみついたり、ビルとビルとの間をジャンプするなど驚異的なアクションの連続。このビル間のジャンプといえば撮影中にトムが骨折したという話題で世界中を騒然とさせた噂のシーン。トム本人が復帰後に出演した「グラハム・ノートン・ショー」で語っていた通り、撮影を中断せずに演じきったこのシーンは、そのまま本編に使用されているとのことだ。

1作目の公開から22年。回を重ねるごとにパワーアップしているこのシリーズ。トムはもちろん、サイモン・ペッグやレベッカ・ファーガソンといったお馴染みのキャストから、前作には登場しなかったミシェル・モナハンの再登場。

さらに『ジャスティス・リーグ』などの「DCエクステンデッド・ユニバース」での スーパーマン役でお馴染みのヘンリー・カヴィルが新キャラクターとして登場し、トムとスリリングな肉弾戦を繰り広げていく。今年の夏を熱くさせる史上最大のミッションを心して待ちたい!(Movie Walker・文/久保田和馬)

https://news.walkerplus.com/article/137367/

あなたにおすすめ