木村拓哉主演ドラマ「BG~身辺警護人~」の気になる秘密を監修・古谷謙一氏が徹底解説!

ザテレビジョン

2018/2/15 06:00

民間ボディーガードたちの活躍と葛藤を描く木村拓哉主演ドラマ「BG~身辺警護人~」(毎週木曜夜9:00-9:54テレビ朝日系)。本格的なアクションが話題の本作で、警護・SP監修を務めている古谷謙一氏に民間ボディーガードや、同ドラマに関する疑問について、教えてもらった。

■ 「誤差なし」には『ここから』という切り替えの意味も

――任務がスタートする際の「誤差なし」と確認し合うシーンが印象的ですが、これにはどのような意味があるのでしょうか?

警護対象者のスケジュールが分単位や秒単位になり、無線等で情報を共有する場合、それぞれ自分の時計で確認しますよね。同じ時間で行動するために、誤差がないかの確認です。連絡なく1分、30秒スケジュールと違うだけでも、異変が起きている可能性がありますので。それに、『ここから』という切り替えの意味もあると思います。

――民間への依頼も増加傾向にあるのでしょうか?

はい。それだけ治安が悪化しているということでもあるので、非常に複雑ではありますが。そういった治安情勢もあり、私たちのような民間ボディーガードという業種があり、警護の依頼が発生している状況なんだと思います。

■ 運動神経よりも危険を察知する能力が必要不可欠!

――第1話で章(木村)が年齢やブランクを気にしているシーンがありましたが、実際ボディーガードとして活躍されている方々の年齢は?

木村さんの実年齢に近いところっていうのは、経験も積んで一番いい時期だと思います。見た目の安心感もそうですけど、年齢的に説得力もありますよね。

若い人にしてほしいとか、男性がいいとか、女性がいいとか、少し年配の人にしたいとか、オーダーも依頼人変わってはきます。確かに現場から離れると、感覚は鈍るのはどうしようもないですよね。どの仕事でも同じことだと思いますが、毎日やっていたことをやらなくなってから勘を戻すのは、少し時間がかかります。ボディーガードとしては、その場の判断や、反射神経が大事な仕事なので、経験が大事な部分も大きいです。

――やはり、運動神経がいい人が向いているのでしょうか?

悪いと難しいかもしれないですね(笑)。でも、運動神経よりも危険を察知する能力を訓練を通じて培っていくほうが大事だと思います。いつも格闘があったりするわけではありませんので。私たちの仕事は、警備を依頼したクライアントに“何もない”というのが一番の理想だと思うんです。

だから、クライアントが何もなかったって思えるくらいの安心感を与えるっていうのが理想です。そのために、何かを起こさせる前にやめるのか、何か起きそうなところへ行かないのかと、さまざまな可能性を考えて任務にあたっています。

そういう意味では、私の個人的な意見ですと、身体能力よりもいろんなことに気が付いたり、気が使える人、変化に気が付く人が向いていると思います。周囲の環境や、本人が話していることなど、逐一アンテナを張って情報を集めて、小さな異変や些細な違和感に気づける人が向いていると思います。

■ 木村さんの警護でも輪ゴムでマイクを固定していました

――ずっと気になっているのですが、身辺警護課のメンバーたちが中指にしている輪ゴムにはどんな意味があるのでしょうか?

無線機のマイク固定するために使用しています。警察ではやらないかもしれませんね。コードのなっていますので輪ゴムが付いていないと手首からぶら下がる状況になり、また常に握り込んでいるのも大変なので、輪ゴムで固定しています。

木村さんからも、「マイクどうしてるの?」と聞かれて、「いつも輪ゴムでつけてますよ」って話をしました。木村さんの警護についているときも、ずっと輪ゴムで固定していました。途中でゴムが切れたりすると、お弁当の輪ゴムで代用したりもしますよ(笑)。

――ボディーガードやSPがコートを着ていなかったり、ジャケットを閉めない理由とは?

通常警護員は腰回りには警棒、フラッシュライト、無線機などを装備しています。今回はそういったシーンがないですが、警棒やライトをすぐ取り出せるようにという意味があります。また、閉めていると腰回りの装具が出っ張り、見栄えも良くないので、開けています

コートを着ないのは警護対象者次第ですね。警護対象者がコート来て出ていったりするような場所であれば着ることは可能かと思います。ただ、脱いだり着たりする環境が多いと、脱ぎ着が面倒で着ない場合もあるかもしれません。でも、長時間になると大変で、私も12月末に2時間くらいスーツで屋外にいたことがありますが、あまりに寒すぎて何かあったときに自分は動けるのだろうかと心配になりました(笑)。

■ 食べ慣れないものを食べて体調を崩したくない

――これまでのお話以外で、ボディーガードならではのルールはありますか?

これと言ってはありませんが、トイレと食事のタイミングはとても考えますね。警察よりも小人数で動くことが多く、自分ではかれない場合も多いので、本当に難しいです。スケジュールが事前に分かっていれば、タイミングを考えられるのですが…。ですので、(トイレとか食事は)隙間で取るか行かないか、になってしまいますね。トイレだけはどうにもなりませんので、飲みすぎないようにもしますし、個人的には食べ慣れないものを食べて体調を崩すのも困りますので、普段から気を付けています。

武器を持たない民間ボディーガードたちの活躍や葛藤を描き、リアルさを追求し続けている「BG~身辺警護人~」。ドラマにまつわる謎も解けたところで、引き続き警護対象者のすべてを命がけで“護る”者たちの熱き姿に期待しよう。

■ 第5話(2月15日[木]放送)あらすじ

日ノ出警備保障の身辺警護課に新しい依頼が舞い込む。あるスポーツ系の慈善団体からの依頼に、高梨雅也(斎藤工)はある思惑を持って島崎章(木村拓哉)を“BG=警護責任者”に推薦。だが、その慈善団体が元サッカー選手の河野純也(満島真之介)が代表を務めるものだと知っていた章は、ごく自然な流れで、沢口正太郎(間宮祥太朗)を推す。

ところが打ち合わせ当日、依頼主である純也が、章を“BG”に指名。困惑する章に村田五郎(上川隆也)は「断っても構わない」と諭すが、章は「この任務が終わったら、みんなにすべてを話す」と約束し、純也からの依頼を引き受ける。

一方、SP の落合義明(江口洋介)は、厚生労働大臣の立原愛子(石田ゆり子)が警護の目を盗んで病院を抜け出し、しかもそれに民間の警備会社が手を貸したという一件が上司の知るところとなり、 激しく叱責されていた。愛子の警護を強化し、章たちを完全に排除しようとする動きに、愛子は…?

純也の出発当日。空港へ向かう章と高梨のもとに、純也が犯罪がらみで逃亡しようとしている疑惑が浮上する…!?

6年前、章と純也の間に一体何があったのか…。そして、なぜ章は一度ボディーガードを辞めたのか。衝撃の事実がついに明らかに…!(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/137058/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス