最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

蒼井優、キネ旬主演女優賞 なりたい役者像まだ「2%ぐらい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の蒼井優さんが2月12日、東京都内で開かれた「第91回キネマ旬報ベスト・テン」(キネマ旬報社主催)の表彰式に出席。映画「彼女がその名を知らない鳥たち」(白石和彌監督)で主演女優賞を受賞した蒼井さんは、11年前に自身が助演女優賞を受賞したことに触れて「(今回の)賞をいただいたとき、私は11年前からどれくらい成長しているのか。私がなりたい役者像の何パーセントまで来たんだろうと考えたとき、2%ぐらいだと思いました」と話して、今後のさらなる成長を誓っていた。

京都での舞台終了後に急ぎ帰京し、授賞式に遅れて登場した蒼井さんは、あわてて登場したためか、トロフィーを受け取る前にマイクの前に立つ“天然ぶり”を見せる一幕も。蒼井さんは「私は素晴らしい人々との出会いで(この場に)立たせていただいています。私は一人の人間として本当にたいしたことないんです。今日も壁に3度激突してしまうぐらい……。たくさんの方に手を差し伸べていただき、その手を信じて、あと98%頑張りたいと思います」と感謝していた。

映画は男女の愛憎渦巻くミステリー小説が原作で、蒼井さんは15歳上の陣治(阿部サダヲさん)を毛嫌いしながら彼の収入に頼って堕落した生活を送りながらも、元恋人への思いを引きずる女性・十和子を演じた。司会から「嫌な女でしたね」と言われると、蒼井さんは「私も嫌なやつだと思いました。初めてこんなに計算しながら(演じた)。『ここまでの表情だったら許されるかな? でもこびすぎてもいけないと」と苦労を明かした。

「キネマ旬報ベスト・テン」は、米アカデミー賞より1回多いという長い歴史を誇る映画賞で、今回は2017年公開の映画を対象に同誌の選考委員が選出した。日本映画ベスト・テン第1位には「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」(石井裕也監督)、外国映画ベスト・テン第1位には「わたしは、ダニエル・ブレイク」(ケン・ローチ監督)が選ばれた。個人賞は、主演男優賞が菅田将暉さん、助演女優賞は田中麗奈さん、助演男優賞はヤン・イクチュンさん、新人女優賞は石橋静河さん、新人男優賞は山田涼介さんだった。

表彰式には、菅田さんや田中さん、ヤンさん、石橋さんらが出席。山田さんはスケジュールの都合により欠席した。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス