おしり大好きアメリカ人、アダム・リッポンの華麗な演技よりジューシーなおしりに「完璧!」「偽尻!?」と大興奮


 ゲイであると公表して五輪に参加している初めての選手として、平昌五輪開会前から何かと注目を集めている米フィギュアスケート男子代表のアダム・リッポン(28)に偽尻疑惑が浮上した。「ヒップパッドをあてがい、キュッと上がったボリューミーなおしりを演出しているに違いない」と疑う声がネット上で続出している。実はこの疑惑は繰り返し浮上しており、昨年末に本人がきっぱりと否定ツイートを投稿。16日から始まる男子シングルショートの前に、米メディアがこのツイートを再び紹介し、興奮するネット民たちを落ち着かせようと異例の沈静化対応をとる騒ぎとなっている。

アダムは2015年10月に、米スケート雑誌でカミングアウトした。きっかけは、14年のソチ五輪直前にロシアで「反同性愛法」が制定されたことから巻き起こった同性愛者の人権問題だったという。アダムは「スポーツの世界では血のにじむような努力をしたアスリートが尊敬される。ゲイかストレートかバイかなどは評価の対象ではない」とインタビューで主張し、現役で活躍するトップ選手のこの告白は、勇気あるものだと称賛を集めた。

アダムは、ソチ五輪への出場は逃している。同じく出場できなかった親友の長洲未来と一緒に、ハンバーガーチェーン「In-N-Out」でテイクアウトしたジャンクフードを、彼女の家の屋根の上によじ登って、2人でやけ食いした苦い思い出も明かしていた。今回の平昌五輪では、その長洲未来と一緒に代表選手になれて、喜びもひとしおだろう。だがカミングアウトによって、開会前からフィギュアスケートとは関係のない話題で彼は注目を集めているのだ。

アダムは、1月に米大手紙「USAトゥデイ」でペンス副大統領が米代表団のトップに就任したことについて、過去の副大統領の発言を引用し「“ゲイは病気”だと考えるような人には会わない」と発言。彼と同じくカミングアウトして冬の五輪に参加しているフリースタイルスキー男子のガス・ケンワージー選手も、副大統領を「LGBTを攻撃した人間は代表団の団長にふさわしくない」だと批判し、「五輪はゲイフレンドリーだけど、トランプ政権はゲイに対してアンフレンドリー」だとしていた。

その後も、ペンス副大統領から面会を求められたがアダムが断ったと報じられたり、副大統領がツイッターでアダムに対して「応援している。フェイク・ニュースに惑わされないように」と呼びかけるなど、政治と人権問題に関わる話題ばかりが注目を集めた。

だが、平昌五輪開幕当日にフィギュアスケート団体戦が始まると、世間は「政治的な話はもうやめよう」「スポーツと政治を混ぜてはいけない」という流れになっていく。純粋な応援ムードになっていったのだが、12日、団体の男子フリーの試合を見ていた多くのアメリカ人が、アダムのおしりに釘付けに。ネット上は「むっちりしすぎてる!」「ボリューム満点!」だと大騒ぎになり、ヒップパッドによる偽尻疑惑が浮上。おしり好きなアメリカ人ならではのお祭り騒ぎに陥ってしまったのだ。

アダムはこの日、予定していた4回転ルッツは跳ばなかったが、トリプルアクセルから3連続ジャンプを華麗に決めるなど失敗なく美しくまとめ、172.98点で第3位に入った。トップはカナダのパトリック・チャンで、トリプルアクセルでは転倒したものの、4回転トーループを2度決め179.75点。2位は個人資格(ロシア)のミハイル・コリャダで、4回転ルッツで転倒するも技術点が高くつき173.57点。転ばなかったアダムが3位という結果に、アメリカの人気コメディエンヌのレスリー・ジョーンズはツイッターで怒り狂い、コメンテーターのジョニー・ウィアーに「なんとか言いなさいよ!」と当り散らしていたが、アダムは念願だった五輪でそつなく滑れたことにホッとしている様子だった。

というのもアダムは、昨年1月に足を骨折していたのだ。今シーズンのグランプリシリーズでは良い成績を残せたが、グランプリファイナルは5位、五輪代表選手発表直前に行われた全米選手権では転倒しまくり4位に終わっており、「代表選手に選ばれるだろうか?」「選ばれても、ちゃんとジャンプが跳べるのだろうか?」と不安視されていたのだ。

そんな不安をはね飛ばすように五輪の舞台ではきれいにまとめられ、おまけに選手村でもルームメイトである親友の長洲未来がトリプルアクセルを決めるのを間近で見られて、アダムは涙ぐむほど感動。団体では銅メダルを獲った後、チームメイトのアレックス・シブタニがツイッターに投稿した、全員で輪になったキュートなセルフィーでも最高の笑顔を見せていた。

16日から始まる男子シングルショートも、この勢いで全力投球するだろう。が、多くのネット民は「サイドアングルから見るとぷっくりしていて、たまらない」「スピンも、おしりばかりに目がいってしまう」「晴れの舞台だから、ヒップパッドをあてがい、演出しているに違いない」「おしりのボリューム感では満点」などとこの話題に終始し、盛り上がり続けているのである。

実は、過去にもアダムのジューシーなデカ尻は話題に上がっていた。昨年12月に名古屋で開催されたグランプリファイナル中も、グラマラスでキュッと上がっているのが不自然なまでに完璧だとして「ヒップパッドでふくらみを与えているのでは」と、ネット上は大騒ぎとなっていた。

うんざりしたアダムは、試合後ツイッターで、「僕がヒップパッドをあてて試合に出場しているのではと疑問視している人が多いようだけど。ここできちんと誤解を解きたいと思う。みんなに知ってもらいたいから。答えはノー、これは僕の本物のおしりです」と真っ向から否定。

「興味を持ってくれて、コメントを残してくれて、心配してくれてありがとう。愛しているからね」と素敵すぎるツイートを発信し、エレガントな対応が100点満点だと拍手喝采を浴びた。

このように本人が真っ向から否定したにもかかわらず、今回再び盛り上がるネット民に業を煮やしたのか、米メディアが次々と「アダム本人が、本物だと断言している」と報道。「おしりではなく、16日の男子ショートと17日の男子フリーではアダムの華麗なスケートを堪能し、応援しよう」と呼びかける異例の沈静化対応をとることになったのだ。

アメリカでは、ヒップの大きさと形は大変重要視されており、セックスシンボルの条件として美尻がマストだとされている。性別問わず、大きくキュッと上がっているボリューミーなおしりはもてはやされ、美容整形を受ける者も少なくない。若い頃は美尻で鳴らした大スターのトム・クルーズは、年齢とともにしぼみ垂れ下がっていくのに抗うべくヒップパッドをあてがい映画『ワルキューレ』(08)に出演した疑惑で大騒ぎされた(のちに本人が完全否定)。それほど注目されるパーツなのである。

アダムは、グランプリファイナルのエキシビションで、マイクを握り、リンクに立った。リアーナの「ダイヤモンズ」を熱唱し会場をうっとりさせ、その後、オリジナルの「ダイヤモンズ」に合わせてエレガントな滑りを披露し拍手喝采を浴びたのだが、この時の舞がこれまた美尻を強調していると話題になったものだった。

平昌五輪でも「ダイヤモンズ」を歌い、滑るのか? という質問に対して、アダムは「頼まれればするけど」「エキシビションは毎回違う構成にしているから、どうかな」と回答している。

エキシビションでは色気漂う構成が特徴のアダムの演技だが、果たして平昌でもおしりを突き出す情熱的な滑りが見られるのだろうか? その前の男子シングルでは、どこまで健闘できるのか? 個人でのメダル獲得はなるのか? いろいろと注意深く見守っていきたい。

あなたにおすすめ