あの現役モデルが「かわいくて着たい!」注目のファッションって?

ananweb

2018/2/14 20:30



2016年に開催されたファッションイベント『Tokyo Africa Collection』が1月20日(土)、六本木グランドタワーにてパワーアップして帰ってきました♡ 前回もMCを務めたanan総研メンバーの藤野澪花(総研No.260)が、その様子をリポートします!

文・藤野澪花

【アンアン総研ニュース】vol. 76

■ Tokyo Africa Collection 2018とは
モデルの数も増え、華やかな撮影に(右端が私です)。
再演やコラボイベントも含めると今回で4回目の開催となる、大学生主催のファッションショー。「最も『アフリカ』らしくないファッションショーで、アフリカ観を変える」をテーマに、ファッションが大好きな日本の女性たちにアフリカの魅力を伝えることを目指しています。アフリカというと、危険なところ・恵まれていないところといったネガティブなイメージを抱いてしまう人が少なくないのが現状。実際、私もそのひとりでした。しかし前回MCとして携わった際に「アフリカってこんなにカラフルなんだ!」とイメージが180°変わったんです! そこで今回の開催が決まってすぐにまたMCとして関わることを決意しました。

■ 会場を盛り上げるショーやパフォーマンス
アフリカの国々をイメージした衣装を身にまとったモデルたち。
各国をイメージした衣装でモデルがランウェイを歩くファッションショーでは、前回の10か国から、今回は倍の20か国もの衣装が登場! モデルは主に大学ミスコン出場者を中心とした大学生なので、ランウェイ未経験者の姿もありました。そこで、本番直前までデザイナーと打ち合わせをしたり、ポージングの確認をしたりと入念に準備し、本番では観客が思わず息をのむようなランウェイを披露しました。個性豊かで洗練された衣装の数々に、私も魅了されてしまいました。デザイナーの中には現地の方にインタビューを重ねて得た情報を衣装制作に落とし込んだ人もいるのだとか。
キレのあるダンスで、会場の温度がぐっと上がる瞬間♡
ショーの合間には、パフォーマーによる演奏やダンスのパフォーマンス。観客の心を鷲掴みにするパフォーマンスで、会場のテンションは一気にハイに! ファッションだけに留まらず、さまざまなコンテンツを用意することでアフリカの魅力がさらに伝わります。

■ 豪華ゲストのトークショーも
左からモデルの知夏七未さん、前田希美さん、私。
そして今回の目玉とも言えるのが、豪華ゲストによるトークショー! ミスコン世界大会に出場し、実際にアフリカでショーなどの活動も行う知夏七未さん、そして元『Popteen』専属モデルの前田希美さんにお話をうかがうことができました。二人のオーラに圧倒され緊張しながらも、なんとか司会進行を務めさせていただきました(笑)。知夏さんはアフリカの魅力をよく知っている方なので、現地のショーに参加された際の経験やフォトジェニックな景色まで、とても気さくにお話ししてくださいました。いっぽうの前田さんは、アフリカには行ったことがないけれどファッションに強い関心がある方。登場した衣装の中から実際に着てみたいものを選んでくださったり、ご自身の体形維持の秘訣をお話したりしてくださいました。

■ 運営代表とゲストに直撃インタビュー!
「Tokyo Africa Collection 2018」代表の菅生零王さん。

菅生さん
今回のイベントは、今までに比べてより大規模なものになりました。予算は2016年開催時の3~4倍、運営のコアメンバーは2倍。豪華になったぶん、急ピッチで準備を進めることはできないので、昨年の10月下旬頃から開催に向けて本格的に始動しましたね。常によりおもしろいもの、そしてよりターゲットである若い女性に絞った内容を、と考えていました。同時に、ステレオタイプではないアフリカらしさ、アフリカの魅力を存分に取り入れられたと思います。
前田希美さん。

前田さん
アフリカってすごく遠いもの・未知のものだと思っていたんですけど、衣装がすごくかわいくて、着たい! と思いました。私はお仕事柄、自分発信というより企画をいただく側の人間。だから、学生のみなさんが自分たちで企画するのって本当にすごいと思います。私もブランドのプロデュースをしているので、頑張らなきゃなってエールをもらいました!」

今まで遠い存在だった国が、一気に身近になる。そんなアツいイベントでした!

2016年の様子はこちらをどうぞ。 http://ananweb.jp/soken/topics/soken-news/74713/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス