【大炎上】日本で自殺者撮影したユーチューバー / 今度は動物をスタンガンで感電させ視聴者激怒



日本国内で自殺者の遺体を撮影してYouTubeに掲載し、世界中から猛烈な批判を浴びた米国人ユーチューバーのローガン・ポール氏(22歳)。

・あまりにも非道すぎる行為
彼は2017年12月に東京都を訪れ「27の悪質行為」を繰り返した。そのあげく、青木ヶ原樹海で自殺者を撮影。あまりにも非道すぎる彼の行為に、「ローガンのYouTubeチャンネルを削除させよう」という署名活動まで行われていた。

・謝罪である程度は世間的に許された
彼は炎上後に反省し、自殺防止支援施設で話を聞くなどして、命の尊さを知る動画を掲載。それにより、ある程度は世間的に許される流れができていたが、改めて非道すぎる動画を掲載し、ふたたび大炎上しているのである。

・その残虐な行為に視聴者が激怒
今回ローガン氏が掲載した動画は、動物に銃式のスタンガンを撃ち、感電させて遊ぶというもの。標的となった動物はネズミで、すでに絶命しているものの、死体を軽んじる行為と、その残虐な行為に対し、視聴者の大多数が激怒。大炎上している。

・他の動物も玩具にして遊ぶ
この動画には池を泳ぐ鯉(コイ)をもてあそぶシーンも収録されており、世界中から怒りの声が寄せられている。さすがに今度は謝っても許されない流れになっている。





もっと詳しく読む: 日本で自殺者撮影したユーチューバー / 今度は動物をスタンガンで感電させ視聴者激怒(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/02/14/logan-pauls-youtube/



あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス