最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

鈴木ちなみ、27歳で1000万円貯めたゲストに感心「踏み出すことが大事」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(SHELLYに代わり、鈴木ちなみがお留守番MCとして登場)

定年後の生活で必要な金額は、年金に加え3000万円とも言われる。中でも「老後資金」は誰もが気になるところ。今、老後の生活を心配して、若いうちから貯蓄に関心を持つ女性が増えている。

『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』(AbemaTV/アベマTV ※毎週土曜23時から放送中)では、産休中の番組MC・SHELLYに代わり、鈴木ちなみがお留守番MCとして登場。「今日も貯めてます!円貯め女子」をテーマに、貯蓄、投資上手な女性たちの本音に迫った。

(不動産投資家、宅地建物取引士の荒木杏奈さん)

⇒ 過去の「Wの悲喜劇 ~日本一過激なオンナのニュース~」はAbemaビデオで無料視聴できます。

2016年に日本政府は、仮想通貨「ビットコイン」が貨幣の機能を持つ決算方法のひとつであると認めた。番組に出演した荒木杏奈さんは起業し、現在は東南アジアやアメリカの不動産を中心に投資をしている。荒木さんは「(暴落したと聞いても)そんなに動揺していない。私は長期で持っていようと思っていて、しばらくアップダウンがあるんだろうなって思っている」と話した。

円貯め女子が集まるコミュニティー「富女子会」に所属し、不動産投資家の津川菜々子さん(仮名)は「ビットコインやライトコイン、イーサリアムなどの仮想通貨を持っている」と明かした。

(ファイナンシャルカウンセラーの西村優里さん)

ファイナンシャルカウンセラーの西村優里さんによると、最近では女性向けのマネーセミナーが増え、投資をする女性が増えているという。西村さんは「投資商品もお釣りから投資できたり(おつり投資:電子マネーでの買い物のおつりを利用して少額から自動的に投資が始められるサービス)、フィンテック(人工知能を活用した投資サービスなどITで革新的な金融サービスが生まれること)の進展で、投資信託も人工知能にお願いできたりする」と話し、投資がしやすい環境になっていると説明した。

このように、若くから投資をする女性たちは、いつ頃から投資をする金銭感覚を身につけたのだろうか。荒木さんは「不動産投資を始めたくらいから」と話し、その理由について「お金を使っても一時的な満足でしかない。実物資産があったほうが将来安定じゃないかと思って不動産に変えた。(不動産は)そんなに値崩れしない実物資産だから」と話す。荒木さんは1000万円ほど貯金をし、不動産の頭金を貯めてから全額を不動産の投資に使ったという。

(不動産投資家、富女子会メンバーの津川菜々子さん ※仮名)

同じく津川さんも「27歳で1000万円を貯めて、それで神奈川県に物件を買った」と話す。津川さんは「(不動産投資は)ミドルリスクミドルリターンなので」と説明し、「貯めたお金を全部使うのに勇気が必要だったけど、結局それがきっかけで増えているので、使ってよかったと思う」と話すと、MCの鈴木は「まずは踏み出すことが大事なんですね」と大きく頷き、感心していた。

( AbemaTV /『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』より)

(C)AbemaTV

(ライター/小林リズム)

⇒ 2月10日放送「今日も貯めてます!円貯め女子」
※番組表ページより期間限定・無料で見逃し視聴が可能
※期間が過ぎても Abemaビデオ なら見どころをチェック可能!

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス