最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

もはやアート作品? 叶美香がバレンタインにセクシー「おっぱいハート」を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

叶姉妹の妹の叶美香が、自身の公式インスタグラムでハート型のバストのドアップ「天使のおっぱいハート」を公開。セクシーすぎる美乳に注目が集まっている。

■豊満なバストでホワイトハート


美香が「おっぱいハート」を公開したのはバレンタインデーの14日。

「私達の愛する大切な皆さんへ ファビュラスでアーティな天使のおっぱいハートをバレンタインデーに愛を込めて……」

というメッセージが添えられた写真は、真っ白で豊満なバストに両手をかぶせてハートをかたどっている。

Very happy valentinesday 💖 私達の愛する大切な皆さんへ💋✨ ファビュラスでアーティな🦋✨ 天使のおっぱいハート♥️を バレンタインデーに愛を込めて…。 さて、 日本でのバレンタインデーの習慣は、 女性から男性に愛の告白の日という 印象がありましたが 最近では、 私達がずいぶん以前から お話ししておりました欧米では、 もっと「広い意味での愛する気持ち」 を伝えるということが 広がっているように 感じてピースフルで嬉しいですよ😘 男性のあなた🌹 女性のあなた🌹中間の皆さんも🌹 脳のリセットおっぱいで癒し画像💋 ファビュラスで💋宇宙最強💎のピースフル・ポーズ💖プレシャスな天使のおっぱいハートを愛を込めて おとどけいたしますよ。🌹✨ ヘブンリーなエナジーと 私達のプレシャスな愛を 感じてくださいね😘💋 皆さんの熱いアンコールリクエストにおこたえしての大人気お写真ですよ😘 ちなみに、 ファビュラスな姉は 毎年恒例のデートのハシゴ❤️と もう既に(早い目過ぎて意味がない😝) バレンタインプレゼント🎁 (セクシーなランジェリーと バラと香り…etc)ベテラングッドルッキングガイは、何も入らないバッグをプレゼントしておりまして 流石な感じでいろいろと見ていて 楽しいですよ😋💓 #amazing #precious #fabulous #叶姉妹 #heaven #happy #love #ラブ #fashion #ファビュラス #angel #たわわ #宇宙 #jojo #コミケ #マシュマロバスト #relaxed #癒し #oppai #愛#openheart #あなたに #究極の癒し #究極のおっぱいハート #愛するあなたへ #valentinesday #バレンタイン #バレンタインデー #happy #happiness #happyvalentinesday

A post shared by 叶姉妹 kanosisters (@kano_sisters007) on Feb 13, 2018 at 6:58am PST


■芸術作品を見ているようなおっぱい


アート作品のようにも見える「おっぱいハート」はコメント欄でも大好評。

・お肌きれいですね おっぱいが胎児のアタマほどありますね、すごい、なんか美術作品をみている感覚です

・Happy Valentine 胸もですがくびれが綺麗です

・この写真みて自分でも真似してみまひたがやはりたわわ感が全く足りずハートの形になりませんでしたなりませんでした きっとここにいる人で真似した人他にいるはず

「マネしてみた」という声も寄せられており、叶姉妹の女性人気の高さも伺える。

■男性の半数以上が巨乳好き?


スレンダーな女性が好みだという男性も少なくないものの、やはり大きくて丸いおっぱいはインパクト大。

しらべぇ編集部が全国20代~60代の男性678名に「好きなバストサイズ」について調査したところ、一番人気はCカップだった。しかし、Dカップ以上を選んでいる人は半数を超えている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

■恭子さんはデートのはしご


インスタグラムによると姉の恭子は「毎年恒例のデートのハシゴ」中とのこと。コメント欄には、グッドルッキングガイ達と楽しそうなバレンタインデーを過ごしている恭子に対し「うらやましい」という声も書き込まれていた。

・合わせて読みたい→叶姉妹の「ヒップの谷間ドレス」 あの「童貞を殺すセーター」を超えた?

(文/しらべぇ編集部・星子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日
対象:全国20代~60代男女1,357名(有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス