橋本さとし、石井一孝、岸祐二のトークが“やっぱり”止まらない!『cube三銃士 Mon STARS Concert ~Again~』インタビュー

SPICE

2018/2/14 17:20



橋本さとし、石井一孝、岸祐二によるユニット「Mon STARS」が、2018年2月、東京・Bunkamuraオーチャードホールにて『cube三銃士 Mon STARS Concert ~Again~』を開催する。

2011年のミュージカル『三銃士』で、三銃士(アトス・アラミス・ポルトス)を演じた橋本、石井、岸の3人が、いつしか同じ事務所に所属し、その後、ユニット「Mon STARS」を結成。2015年、2016年と「Mon STARS」としてコンサートを開催し、話題となった。

3度目となる今回は「Mon STARS」初のミニアルバム「Lights and Shadows」の楽曲を中心に行われ、また井上芳雄、中川晃教、小西遼生、壮一帆という豪華なゲストも登場する。さらに魅力的なコンサートを生み出そうとしている橋本、石井、岸に話を聞いた。
(左から)岸祐二、橋本さとし、石井一孝
(左から)岸祐二、橋本さとし、石井一孝

この3人には、これまでも何度かインタビューをしてきたが、その都度、誰かが話し出すとほか二人が突っ込んで……を繰り返す、エンドレス爆笑トークを展開してきた。そして今回もまた同じ事態に……(笑)。

開口一番、「アルバムの曲を全部やります」という橋本。以下、前半ではミニアルバムの収録曲をライナーノーツ風に紹介、後半ではコンサートについて3人が今考えていることをお届けしよう。

■ロック愛、ミュージカル愛に溢れたミニアルバム。ジャンルは「Mon STARS」!


1.「The Theme Of Mon STARS」(モンスターズのテーマ)

石井 Mon STARSのファーストコンサートの時に3人で作ったオリジナル曲です。ロック色を強く出しています。これに対してミドルバラードにしたのが後で紹介する「新曲」です。

2.「The Show Must Go On」(QUEENのカバー。原曲はアルバム「Innuendo」に収録)

石井 二人にはコーラスで入っていただきました。

岸 コーラス、ほとんど入れてないけどね(笑)。

橋本 「♪The Show Must Go On!」っていうだけのコーラスをね。結局、今回もほぼカズのソロ曲でしょう(笑)。

石井 3人の共通点が「ハードロックが大好き」なので、それを踏まえつつミュージカル、演劇の楽曲から二人が入ってこれそうな曲を探したんですが、とうとう思いつかなくて。

橋本 僕ら、KISSやQUEEN、エアロスミスなどをリスペクトしているにも関わらず、これまで洋楽のコピーを一度もやってこなかったんです。この曲は、舞台人としても胸に刺さる曲です。ドラマチックですしね。
橋本さとし
橋本さとし

3.「クリスタルの天使」(ミュージカル『三銃士』より)

橋本 僕が演じたアトスのソロ曲です。

石井 Mon STARSコンサートでも特に人気の曲ですが、実は音源化されていなかったんです。この曲がさとしさんの歌声で残るというのは、ミュージカル界にとっても非常に意義のある、貴重なテイクですね。最後にシ♭のロングトーンがあるんですが、これは男性から見たら鳥の声のように高音なんです。もし「ロングトーン選手権」が開催されたらさとしさんは世界3位に入ると思います(笑)。普通の人は5秒も持たないけれど、さとしさんは30秒やります!超人技、鳥を超えた声の持ち主です。

橋本 ……鳥だけに“鳥人”技!自分、うまいことを言ったな。

石井 ダブルミーニングね(笑)。

岸 しかもさとしさんは、お客さんの前で歌うともっと声が伸びるんですよ!

4.「ブイ・ドイ」(ミュージカル『ミス・サイゴン』より)

岸 3人で歌いますが、僕がソロを取らせていただきます。

石井 いわゆるクロード=ミシェル・シェーンベルク(『ミス・サイゴン』の作曲家・音楽プロデューサー)のそれではなく、ロックテイスト、かつ癒しのメロディを持つという、原曲とは違ったアプローチをしています。
石井一孝
石井一孝

岸 原曲に真っ向勝負している曲といってもいいかもしれないね。

5.「Lights and Shadows」(オリジナル・新曲)

橋本 「光と影」です。

石井 今回はミディアムバラードにして、お客さんが一緒にペンライトを振ってくれそうな曲にしてみました。曲は僕が作るとして、歌詞はさとしさんと祐二に相談したら、「お客さんと寄り添うような内容にしよう」とさとしさんがテーマなどを出してくれたんです。それを基に、森雪之丞さんに歌詞を書いていただきました!

橋本 恐れ多くも……。

岸 あの森雪之丞さんに……!

橋本 僕らは普段「こいつら、悩みのないおっさんたちだな(笑)」と思われがちですが、「僕らもちゃんと影の部分を持っています、大人の生き様には光も影もあるのです」ということを描いていただきました。また、僕らのメンバーカラー(赤・青・黄)の3色も、歌詞に入れていただき、とても素敵な名曲が生まれました。

岸 役者としての僕らと観てくれるお客さん=愛する人たちとの関係を描いているんですよね。
岸祐二
岸祐二

石井 お客さんが「私のことを歌ってくれている」と思えるような感じもあって、僕らも少しは大人のエロスを出していこうかな、と。さとしさんは出すつもりがなくてもエロスが出るだろうし、僕もまあまあ出せるほう。祐二は……。

岸 振り絞らないとエロスが出ないんだよね……(笑)。

石井 祐二に「最後の部分をもっとエロく歌って」って言った後の祐二が大変なことになっていて「んあああっ♪」ってものすごくエロさを出そうと「盛っている」感がすごいんです!

岸 「僕、今、エロイでしょ!?」って、どこか押し売り風で(笑)。

石井 しかも滅茶苦茶、良い声で(笑)。あと、西城秀樹さん風にもなっています。

橋本 ミニアルバムを買った方はぜひヘッドフォンで聴いてみてください。祐二の喘ぎ声も楽しめますよ(笑)。冗談はさておき、本当に聴きごたえのある作品に仕上がっていますから。

6.「Bring Him Home」(ミュージカル『レ・ミゼラブル』より)

石井 過去2回のコンサートでも歌いましたが、二人のジャン・バルジャンと一人のジャベールという濃いぃ3人(笑)が紡ぎ出す慈愛の歌です。今回改めて3人のパートのメロディを作り直し、斬新な「Bring Him Home」に仕上げました。

橋本 不朽の超大作『レ・ミゼラブル』において、この曲はジャン・バルジャンが歌う作品の中で特に「ヘソ」な歌。肝心かなめの歌だと思うんです。僕らバルジャン経験者にとって、この曲に対する思い入れは、ほかに比べ様がないんです。舞台で歌う時に見える景色や緊張感は今でも忘れられません。あの曲ほど苦しんだ曲はないと思うくらい難しく……そして最高に美しい曲ですね。僕ら3人でこの曲を敬愛しながら愛を込めて歌うことでお客さんにもその思いを伝えたいです。

岸 僕は舞台袖から見ている景色なんですけどね(笑)。僕はジャベール役ですが、「Bring Him Home」を歌っている期間自体は、一番長いんです。アンサンブルの頃から代役で歌ったりしていたから。今も歌っています。

石井 「Bring Him Home」のような歌は、メロディを正確に歌うだけでは何もおもしろみがないんです。そこにメッセージとか挫折、改心……バルジャンが経験した思いがこぼれ出てこないと「ああ、上手いね」だけで終わってしまうんだよね。
(左から)石井一孝、橋本さとし、岸祐二
(左から)石井一孝、橋本さとし、岸祐二

■ゲストも僕らと同じくらい楽しめるコンサートにしたい


――アルバムの魅力が伝わる解説、ありがとうございました。

岸 ……そんなアルバムをひっさげてのコンサートです。

石井 この座談会の中でコンサートの内容も決めていきますか(笑)?

岸 前回と同じことはやりたくないってさとしさんが言うので毎回構成が大変なんです。

橋本 ハードルは自分らで上げていくものだから! でも「もう、辞めます」と言うのも自分らの選択。でも、それは悔しいからしませんけどね(笑)。

石井 コンサート初期にやった「布団に寝ているファンテーヌ」とか、3人だけで歌う「ワン・デイ・モア」とか(ネタの)王道は残しつつ新しいものもやろうと。

岸 むしろ布団から誰が出てくるか分からないという展開も作ってみたいね。

石井 布団から出てくるのが(井上)芳雄くんとかアッキー(中川晃教)かもしれない!

橋本 彼らが布団から出てくるとそこから話が『モーツァルト!』に変わるとか!

石井 イントロまではファンテーヌの歌なのに、出てきた瞬間に……。

石井・岸 「メジャーとマイナー~」って(同時に歌い出す)。

全員 (爆笑)

橋本 これ以上しゃべったらネタバレになってしまう(笑)。
(左から)石井一孝、橋本さとし、岸祐二
(左から)石井一孝、橋本さとし、岸祐二

――今回出演されるゲストの方々にどのようなことをお願いしたいですか?

橋本 なかなかこういう場に出ていただけない方が今回出てくださるというのは本当にありがたいです。だからゲストさんも僕らと一緒に楽しめる内容にしたいです。

岸 ゲストさんが普段見せないロックを歌う姿とかね。

石井 ここでしか観ることができない芳雄くんやアッキーくん!

橋本 KISSを歌う壮(一帆)さんとか。いや『ベルサイユのばら』をやってくれてもいい。もう今となっては観ることができないものを見せてほしいです。(小西)遼生にも「小西くんってこんなこともできるんだ!」っていう何かを見せてほしいです。

――井上さんと言えば、ついに「StarS」から一人巻き込みましたね!

石井 以前から「『Mon STARS』と『StarS』は関係があるのか?」とよく言われてきましたが、(声を張って)「『StarS』はまったく気にしてないですよ!」ってあえて大声で主張します(笑)。いつか、井上芳雄くん、浦井健治くん、山崎育三郎くんをゲストにお招きして、集客の9割を担っていただき、僕らを日本武道館に連れていってほしいなと……これが重要な目標です(笑)。

橋本 芳雄くんが今回出演してくれることで僕らの目的の半分は達成したようなものですからね。その芳雄くんと『三銃士』をやった時のことなんですが、『三銃士』というタイトルで「橋本さん、三銃士の一人ですから」とお仕事をいただいた時には「やった! 主役や!」とガッツポーズしたんです。ところが、井上芳雄も出ると聞いて「ならば、あいつはどの脇役をやるんだ?」と思っていたら“大”主役・ダルタニャン役でした(笑)。

石井 だから、今回も同じような役割を担っていただきましょう。

岸 結局関係は変わらないのか(笑)。

橋本 僕らの新たな野望は「StarS」の3人にゲストで出てもらって、ゲストの方がたくさん歌うコンサートです。

石井 僕らは「次は浦井くんの○です!」って司会進行を……。

岸 あと、副音声もやりましょう(笑)。

石井 「健治、声出てるよねー、かっこいいよねー」って(お茶の間で鑑賞風)。

橋本 それを舞台上の隅のほうで延々やっているのね。これぞロック魂でしょ!

――締めにこんな質問を。オーチャードホールの“オーチャード”とは「果樹園」という意味です。Mon STARSとしてこのコンサートでどのような果実を実らせたいですか?

橋本 そりゃもう……禁断の果実でしょ(ニヤリ)。

石井 美味い! でも食べたら死ぬぞって(笑)。

岸 せめて「天国に行く」とか表現を変えませんか(笑)?

橋本 「この果実は何だろう……」って林檎を初めて目にしたアダムとイヴのような……。今まで見たことがない。味は分からない。ならば食べてみるしかないでしょ!……っていうコンサートにしたいです。

岸 中毒になりますよ!

石井 媚薬が入っていますから!

橋本 この禁断の果実を皆さんがどう感じてくれるのか、それはもうお客様次第です(笑)。

Mon STARS Concert コメント動画

取材・文・撮影・:こむらさき

公演情報
cube三銃士『Mon STARS Concert ~Again~』

■演出:Mon STARS
■音楽:立川智也
■出演:橋本さとし 石井一孝 岸祐二
<ゲスト>小西遼生 壮 一帆 井上芳雄 中川晃教 (出演日順)

■会場:Bunkamura オーチャードホール
■日程:2018年2月20日(火)19:00  ゲスト:小西遼生 壮 一帆
2月21日(水) 19:00  ゲスト:井上芳雄
2月22日(木) 19:00  ゲスト:中川晃教
■料金:S席/8,800円 A席/6,800円(全席指定・税込)

■企画・製作:キューブ
■問い合わせ:キューブ 03-5485-2252(平日12時~18時)
■キューブHPhttp://cubeinc.co.jp/news/#26

あなたにおすすめ