五輪レポーター・ドラマ・コンサート……多忙すぎるKAT-TUN亀梨和也にファンから心配の声


 2月10日放送のラジオ『KAT-TUN 亀梨和也のHANG OUT』(FM NACK5)にて、KAT-TUN亀梨和也が平昌オリンピックについて語った。しかし、多忙を極める亀梨ファンからは心配の声が上がっている。

亀梨は番組冒頭から「平昌オリンピック始まりました!」と元気にあいさつ。また、亀梨がレギュラー出演しているスポーツ情報番組『Going!Sports&News』(日本テレビ系)にて現地キャスターを務めることを報告。そのため、今回放送されているラジオは韓国に行く前に収録した“録音放送”だという事情も説明していた。

『Going!』での中継について、「(スキー)ジャンプも見に行けそうだし、いろいろ競技(を見るために)、できるだけ動き回りたいな」と弾む声でやる気を表明。しかし、極寒の地でのレポートに不安の色も見せ「本当に寒いみたいで、マイナス20℃以上だったりもするんで。防寒ちゃんとできてるかな、オレ……ちゃんと防寒してね、亀梨くん」「ドラマの繋がりあるから……雪って結構焼けるじゃない? なので、『日焼け止めちゃんとしてね』って言われてます、まわりに。やってますかね?」と未来の自分に呼びかけていた。

そんな亀梨は、2月10・11日と2日続けて『Going!』の中継を担当。10日の放送では、同番組の司会を務める上田晋也に会場の盛り上がりを聞かれ、「会場の熱気があって、思ったより温かかったなという印象でした!」と元気よく返答していた。その後、9日に行われた開会式を見守る亀梨の様子を映したVTRが流されたのだが、亀梨はニット帽に手袋、カーキの分厚いコートを着用しており、まさに“完全防備”の状態。ラジオで「ちゃんと防寒してね」と自分に呼びかけていた亀梨だが、その効果はあったようだ。

また11日に放送された同番組では、平昌にある日本テレビのスタジオから、スーツ姿で出演。フィギュアスケートなどを完全防寒姿で取材する亀梨の様子が映し出されていたが、終始楽しそうに試合の行方を見守っており、日本選手を応援する姿が放送されていた。冬季オリンピックの取材は今回が初めてだという亀梨だが、会場の雰囲気や選手の様子を的確に伝える真剣な眼差しが印象的だ。

そんな亀梨だが、現在ドラマ『FINAL CUT』(フジテレビ系)に主演しており、現在も撮影中。さらに、4月20~22日には東京ドームでKAT-TUNのコンサートが行われる。非常に多忙なスケジュールのため、ファンからは「亀ちゃんちょっと忙しすぎるような……あんまり無理しないでほしいな」「亀ちゃん平昌行ってるの!? ドラマやってんのに!?」「しっかり着込んでたけど、風邪ひかないか心配。寒さに負けないでね!」と驚きや心配、応援の声が飛んでいる。

レポーター、俳優、そしてアイドルとして、充実していながらも非常に多忙な日々を過ごしている様子の亀梨。どれも亀梨なしではできない仕事なだけに、体調には十分気をつけてほしいものだ。

あなたにおすすめ