最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

キム・キャトラル、サラ・ジェシカ・パーカーからのお悔やみに「偽善的」と冷たく反応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『セックス・アンド・ザ・シティ(SATC)』で共演したキム・キャトラルとサラ・ジェシカ・パーカーがソーシャルメディア上で罵り合っている。少なくとも公になっているのは一方的なつぶやきではあるが、友人になりたいことを訴えているパーカーとは裏腹に、キャトラルの怒りは最高潮に達しているように見える。


キャトラルからの最新のつぶやきは、行方不明だった彼女の弟が亡くなったことを受けてのもの。キャトラルはソーシャルメディアで弟の捜索を呼び掛けていたが、後に亡くなったことを報告している。

これに対し、パーカーはお悔やみを伝え、最初はキャトラルもパーカーとSATCの共演者たちに感謝の意を述べていた。

「私たち家族は、弟のクリス・キャトラルが不慮の死を遂げたことで深い悲しみに包まれています。どうか私たち家族に対する取材は謹んでいただけますよう、お願い申し上げます。この試練の時にソーシャルメディアを通して惜しみない愛とサポートをくれる皆さん、どうもありがとう」

キャトラルのこのコメントを受け、サラ・ジェシカ・パーカーは次のようにコメントしている。

「親愛なるキム、あなたとそのご家族にお悔やみを申し上げます。そして弟さんには神のご加護を」

同じくSATCで共演したシンシア・ニクソンも次のようにコメントしている。

「ああ、キム、なんて悲しい知らせなんでしょう。お悔やみ申し上げます。私から愛をこめて」

その後、キャトラルはインスタグラムに次のように投稿していた。


#SexandtheCity

Kim Cattrallさん(@kimcattrall)がシェアした投稿 -
(ファンの皆様、友人たち、SATCの仲間たちへ。この72時間の間に、私たち家族にたくさんを励ましの言葉をありがとう)

しかしキャトラルはこれを投稿した後、明らかに心変わりしている。次の投稿に登場する母親と話したのだろうか。それとも、キャトラルにお悔やみを伝えたことでパーカーがすっかり「いい人」に変わってしまった記事を読んだのだろうか。

(この悲しい時に、あなたからの愛もサポートも要りません、サラ・ジェシカ・パーカー)
「今日、母から『あの偽善的なサラ・ジェシカ・パーカーはいつになったらあなたを放っておいてくれるのかしらね』と言われたわ。あなたからしつこく連絡が来るたびに、あなたが昔も今もいかにひどい人間だったかを思い出すのよ。(もしあなたがまだわかってないなら)これだけははっきりさせておくわ。あなたは私の家族じゃない。あなたは私の友達でもない。自分のイメージアップのために私たちの悲劇を持ち出すのはこれで最後にしてほしいの。これを貼っておくから。https://nypost.com/2017/10/07/inside-the-mean-girls-culture-that-destroyed-sex-and-the-city/」

キャトラルがシェアしたリンクは2017年10月のものだ。『セックス・アンド・ザ・シティ』を崩壊させた女性出演者同士の不仲についての記事で、キャトラルがいかに共演者から仲間外れにされていたか、そしてサラ・ジェシカ・パーカーからいかにひどい扱いを受けていたかについて書かれている。

キャトラルが今、弟の死で悲嘆に暮れているのは明らかだ。そして、弟の死の話が、いつの間にか「キャトラルが絶縁宣言した後も関係修復を訴える健気なサラ・ジェシカ・パーカー」という話にすり替わっていることを、キャトラルとその母親は不満に感じているようだ。キャトラルがパーカーのことを以前から偽善者だと思っていたとしたら、今回の件でその気持ちが急激に大きくなったに違いない。もしもパーカーが一切コメントをしなかったとしたら、彼女は無情で冷たい人間だと叩かれたのだろうか?

ファンもキャトラルのこのコメントの辛辣さにはショックを受けている。しかし、我々の知らない話がこれまでにもあるのだろうし、彼女が今、弟の喪中という精神的に難しい状況にあることを多くのファンは理解しているようだ。

いずれにせよ、これで『セックス・アンド・ザ・シティ3』の制作はさらに難しくなった。少なくともキム・キャトラルがサマンサ役で出演する可能性はかなり低くなるだろう。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/


外部リンク(AOLニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス