『FINAL CUT』亀梨和也の「眉毛が変わった」 ファン釘付けに

しらべぇ

2018/2/14 13:10


『FINAL CUT』

ジャニヲタ歴30年ライター、ナンシー関ヶ原です。

『FINAL CUT』(関西テレビ)や平昌オリンピック取材で大忙しの亀梨和也くん。さぞかし多忙なこと思いますが、そんな状況にも関わらず、亀梨くんの肌がきれいだとファンの間で話題になっています。さっそく見ていきましょう。

■百々瀬に、警察官だとバレてしまう慶介


第6話のあらすじは、こんな感じ。

ある日、慶介(亀梨)が勤務する新宿中央署管内で美人料理研究家・柴みちる(今野杏南)が殺される事件が発生。世間は事件当日に彼女とケンカをしていたという恋人の矢口(中村倫也)に疑惑の目を向ける。

そんな中、矢口が、『ザ・プレミアワイド』の放送を皮切りに世間から自分が犯人と疑われるようになったと、慶介に助けを求めにやって来る。無実を主張し、もう一度恋人に会いたいと涙する矢口に過去の自分を重ねた慶介は、力になると約束。

しかし翌日、矢口は慶介の前から姿を消してしまう。慶介は上司の高田(佐々木蔵之介)に、自分も捜査に加わらせてほしいと申し出るが、高田から12年前の事件のことを切り出され、思わぬ事態に発展し―(公式サイトより抜粋)

警察署に入る際、『ザ・プレミアワイド』が見つけてきた恋人との写真を突きつけられた矢口。

矢口は悲しみで絶叫して刑事を蹴飛ばし、自殺しようと道路に飛び出しました。とっさに慶介が走り出して救助。その映像を見た百々瀬(藤木直人)らに、慶介が警察官だと知られてしまいます。

「母親を殺人犯扱いされた恨みで警察官になった息子」として、慶介を大きく報道しようと悪だくみを考える百々瀬。次回以降、百々瀬たちの復讐が始まりそうです。

■上司ともみ合いになった慶介、美しい色白のお顔!


美人料理家殺人事件の捜査に加わりたいと、上司の高田に申し出る慶介。しかし、高田は拒否します。

慶介が誤った報道に苦しむ人たちを救うサイトを運営していることも、知っていると告げる高田。青二才の若造が巨大メディアの組織に歯向かっても勝てないと罵倒した高田は、慶介の胸ぐらをつかみます。

昼下がり、警察署の一室の中で繰り広げられたこのシーン。高田は、部屋の窓から差し込む日の光と逆光になり、暗い姿が悪者の象徴のように映りました。一方の慶介は、窓からの光を正面から受けたアングルに。

亀梨くんの色白さと美肌が際立ったシーンでした。

■意外と濃くて太い? 眉毛にも注目


一方、白くきれいなお肌とは対照的な、思いのほか黒くて太い眉毛がよく映るカットも。これを受けて視聴者からは「亀梨くんの眉毛濃くない?」「亀梨くん、眉毛こんなに太かったっけ?」と驚きの声がツイッターに上がりました。







これに対して亀梨くんのファン(30代・女性)に見解を聞いてみたところ…

「亀梨くんはメイクが濃いんじゃない。色白でお肌きれいで、目鼻立ちがはっきりしてるんです」

とのコメント。

平昌五輪でも色白・美肌際立つ?


別番組で平昌オリンピックの取材をしている亀梨くんの映像も、会場のライトや雪の反射でますます色白が際立っていました。ファンはツイッターで「色白美人さん!」「色白亀ちゃんかわいい」といった声を次々にあげています。

亀梨くんの美しいお顔を撮る『FINAL CUT』カメラワーク。次回も楽しみです。

《これまでに配信した『FINAL CUT』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→高木雄也が黒髪&地味ファッションは主演・亀梨への配慮?

(文/しらべぇドラマ班・ナンシー関ヶ原 イラスト/ミキシマ

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス