バレンタインデーが誕生日!『トゥームレイダー』最新作で“タンクトップ女子”なララ・クロフトに魅せられる

Movie Walker

2018/2/14 12:00

2月14日はバレンタインデー。女性が男性に思いを込めたプレゼントを贈る日として日本では定着しているが、実は映画&ゲーム『トゥームレイダー』シリーズのヒロイン、ララ・クロフトの誕生日でもあるのだ。そこでララからのチョコレート…ではないがプレゼントとして、最新作『トゥームレイダー ファースト・ミッション』(3月21日公開)から、新たに解禁された画像を含む“タンクトップ姿”をお届けする。

■ 強くて頼れる“タンクトップ女子”のニューカマー!

トレジャー・ハンターとして類まれな才能を発揮するララ・クロフト。これまで『トゥームレイダー』(01)『トゥームレイダー2』(03)でアンジェリーナ・ジョリーが演じてきたハマリ役だが、15年の時を経て再映画化される今作では、『リリーのすべて』(16)でアカデミー賞助演女優賞に輝いたアリシア・ヴィキャンデルが演じる。もちろん、ララのイメージそのままにタンクトップ姿でアドベンチャーに、アクションに果敢に挑んでいく。

アクション映画の系譜をひも解くと、過去にもタンクトップ姿で活躍したヒロインは多く、『エイリアン』シリーズのリプリー(シガニー・ウィーバー)、『ターミネーター2』(91)のサラ・コナー(リンダ・ハミルトン)らが当てはまる。この流れにアンジェリーナが演じたララや『007 慰めの報酬』(08)のボンドガール、カミーユ(オルガ・キュリレンコ)、『ダイバージェント』シリーズのトリス(シャイリーン・ウッドリー)らが続く。

かつてハリウッドでドラマ「パワーレンジャー」シリーズを手掛けた坂本浩一監督は「トリスもそうですが、アメリカ映画で強くてカッコいい女性ってタンクトップ率が高い」とイベントで語っているが、まさにその“強いタンクトップ女子”の系譜を、ヴィキャンデルが新生ララ役で受け継ぐ。

■ ララを演じるために、しなやかなボディを改造!

強くてカッコいいタンクトップ女子にとって、そのスマート&セクシーな肉体美も必要不可欠なもの。今作の撮影中、ヴィキャンデルは筋肉を5キロ増強するなど肉体改造に挑んでいる。バレエで鍛えられ、美しく整った体を、ウェイト・トレーニングや総合格闘技、クライミング、アーチェリー、水泳などで、より屈強なものに鍛え上げたのだ。

ヴィキャンデル自身「役者人生でこんなにウェイト・トレーニングしたのは初めて」と振り返るが、「とても活力を与えてもらえたし、体格を保っている感覚を覚えたわ。ララには体も心も強い女性でいてほしかったしね」とララを演じる上で特訓が不可避であったことを話す。

男性にチョコレートを贈るよりも、自分に興奮のアドベンチャーと最高のお宝を与えたい!きっとそんな気持ちで冒険に臨む、新たなタンクトップ女子の活躍に期待したい。(Movie Walker・文/トライワークス)

https://news.walkerplus.com/article/137185/

あなたにおすすめ