初対面で彼の心を奪え!「印象に残る自己紹介」になる5つのポイント

愛カツ

2018/2/14 11:00


合コンや婚活パーティーなどでの自己紹介ってなかなか慣れないものですよね。どう自分をアピールしたら良いのか、友人の自己アピールが女性でも惹かれる内容で羨ましい…など自分のセールスポイントの伝え方に苦労する方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、男性の印象に残る魅力的な自己紹介のポイントをお教えしていきたいと思います。では早速見ていきましょう。

自己紹介

■ ■1、親しみやすさを出すには笑顔がカギ!

自己紹介でなんと言っても大切なポイント、それが「笑顔」です。どのような場面でも初対面の人の笑顔は印象が良いですよね。特に出会いの場で大切なのは、相手と”目を合わせること”でしょう。

特に誰ととは決めずに、話している時に男性と自然に目を合わせるのがポイント!と言っても、合コンの場では複数の男性がいますからそこは目が合う人だけで大丈夫です。また、なかなか性格上相手と目を合わせるのが恥ずかしいなんて方は職業的な自己紹介にも良くある方法の「相手の胸元を見る」という方法で相手の方向を向いているように見せると良いでしょう。

ここで特に男性の視線の心理で言われているのが、目が頻繁に合う行動というのは「気になる」というアピールの現れなんだそう。ですから、自己紹介中に何度も「目が合うな~」という男性はもしかするとあなたに気があるサインを送っている可能性があるかも?

■ ■2、言葉の遣い方や話し方で興味を持ってもらう

人の話し方にはそれぞれ特徴がありますよね。声が小さめな人、早口で話す人…いろんなタイプがいますが、自分の話し方を理解して相手に伝わるように言葉の使い方を意識すれば、目立つ発言をしなくてもあなたの印象がすんなり相手に届きます。

重要なのは、話すスピードとトーンを意識すること!話すスピードは少しゆっくりめで、相手が聞きやすいように言葉はハッキリと話しましょう。また、言葉選びが重要であまり固い自己紹介だと話しかけづらい印象を与えてしまいますし、注目を集めようとウケを狙ったり突拍子もない発言をしてしまったりすると「イジってほしいんだな」と勘違いされてしまいます。

自分をアピールするときには「名前と○○」と言った一つ自分を簡潔に説明できることを話しましょう。
*出身地でアピールするとしたら…
「○○と言います。私の出身地は北海道なのですが、良く鹿や熊が道を普通に歩いていると思われていますよね?でも私は○年間住み続けていたあたしも出会ったことはありません。地元で美味しいものを沢山食べていたので食べ歩きが大好きです!よろしくお願いします。」

といったように、出身地の小ネタを挟んでみたり、そこに趣味の話を織り交ぜると良いでしょう。
*自分の趣味でアピールするとしたら…
「○○と言います。大学時代には”○○”なんてあだ名で呼ばれてました。学生の時から体を動かすのが好きで、最近の休みの日にはボルダリングにハマっています!私もまだまだ初心者なので、一緒に楽しんでくれる人も募集してます♪」

自分の好きなことや最近興味が沸いていることを自己紹介と一緒に伝えるのも効果的でしょう。

このように伝える事によって、まずはこの人がどんな人なのかという初めての印象を良いものに変えることができますよ!早速実践してみる事をオススメします。

■ ■3、共通点が見つかる内容の話題をする

次に目を向けるポイントは「相手との共通点が見つかる話題」を話すということです。共通点を見つけるなんて、どうすれば良いのか…と困ることはありません。要は最近自分が良かったと思う映画の話題や、美味しかった食べ物など日常の中で楽しかったことを一言添えるのが良いでしょう。

話題のネタになりやすい映画などは、面白かった作品とは別に「自分のオススメ」を用意しておくと良いかも!またそれを掘り下げた話を聞かれても大丈夫なように、なぜそれがオススメなのかも説明できるようにしておくのが大切です。

まず話を掘り下げてくれるのは少なからずその話題に興味を持ってくれているというサインでもありますし、逆に全然知らないけれど興味を持ってくれたという可能性もあります。このように共通点を見つけると相手の好奇心をくすぐり会話するキッカケを見つけられるでしょう。

■ ■4、緊張している時は「緊張している」の一言が魔法のワードに!

緊張している姿を相手に悟られるのは、なんだか恥ずかしいな…なんて思っていませんか?しかし、女性が緊張している姿は男性にとって「頑張っているんだなぁ」と好印象なんだとか!ですから、思い切って自己紹介の際には「実は緊張しています…」なんて一言を思い切って言ってみるのもアリです。

その一言で、聞き手の男性は応援モードになってくれるでしょう。また自分の気持ちを正直に話す姿が”親しみやすさ”を感じさせるので、雰囲気が和やかになるのですね。なので、緊張していると言うワードはマイナスな印象よりは素直な態度に好感が持てる言葉ですから、困った時に正直に伝えてみると良いかもしれません。

■ ■5、自己紹介は終わり方が大切!

おわりに自己紹介の締めというのは、一番重要な部分であると言われています。ですから、終わり方が良ければその印象は相手に残ります。よく自己紹介の時に恥ずかしさから最後のあいさつを言い終わらないうちに席についてしまうなんて場面がありませんか?もちろん、最後の一言は「よろしくお願いします。」で終わっても構いませんが、折角であればもうひと工夫すると印象良く自己紹介が締まりますよ!

締めの言葉例として…

・「今はいろんな事にチャレンジしたいと思ってます!よろしくお願いします。」

チャレンジしたいという一言は、相手の趣味などにも積極的に興味がありますよと伝えられるでしょう。

・「自分から話すよりも、聞き役にまわるのが得意です。よろしくお願いします。」

話を聞いてもらえるのって、男性にとっては嬉しいことですから好印象を与えることができるハズ!

このように、締めの一言にプラスすると印象はグッと変わるはず!折角ですから、最後に一言で周りと差をつけてみてはどうでしょう?

いかがでしたか?相手の印象に残る自己紹介について5つのポイントをご紹介させて頂きました。これらを参考にして、是非他の女性よりワンランク上の自己アピールを完成させてくださいね!

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス