オフィス系アイドル・ハイモチ、笑いと涙の2周年ライブ

Entame Plex

2018/2/14 10:50



オフィス系アイドル:カプ式会社ハイパーモチベーションが12日、東京・表参道GROUNDで結成2周年記念ワンマンライブ『第2回カプ主総会「塩漬けしてんじゃねぇよ0212 ピンクピンクレボリューション」』を、開催した。

オープニング映像では、メンバーの脱退やCDデビュー、TOKYO IDOL FESTIVAL2017への出演など、良いことも辛いこともあったまさに波乱万丈なグループのこれまでを総括。続いてアッパーなSEに合わせてメンバーが登場すると、客席のボルテージは一気に急上昇。そんななか1曲目「むかつくあなたへ」から、2周年記念公演の幕が開けた。2曲目は往年の某お笑いトリオ風の曲中コントや、激しいヘッドバンキングを見せる「君にコミット」と立て続けにノリのいい楽曲を披露。

MCでは人事部の小澤綾乃が「めっちゃいる~! ワンマンライブは、来てくれたみなさんがいないと本当に成立しないので、ありがとうございます」と喜びを口にした。また新衣装となる今回の衣装を担当した広報部の詩島萌々は、「前回はメンバーカラーを軸にしたデザインだったんですけど、今回は全員、色は白と黒で揃えて。でも、上の方とかはそれぞれの個性が出るように、デザインを変えてて。間違い探しみたいに楽しんでもらえたらな、と思います」とアピールした。



MC明けは、現在の5人体制となっては初の披露となる、活動初期からの楽曲「朝8時新宿助けてハニー」、“聴かせる”ナンバーの「雨が止んだら出かけよう」、「Turn to Me」の3曲を立て続けに披露。

続いてファン参加型企画の「塩漬けグランプリ」の結果発表が行われた。これは、事前に“#塩漬け”で写真を募集し、その中から各メンバーが面白いと思った写真をピックアップし、表彰するという企画。人事部の羽月杏は「大好きなさくらんぼと、気になってたコップのフチ子さんが入っているので」という理由で選んだり、総務部の光川玲奈はメンバーの名前にちなんだ競馬の馬券を大量に塩に漬けたもの(?)をピックアップしたりと、各メンバーの個性が垣間見られる企画となった。

そして、ライブもいよいよ終盤。本編最後となる楽曲「夢があるから」では、メンバーからの「みんなで一緒に手を振りましょう!」という呼びかけに対して、客席も応え、「すごくキレイ!」と喜ぶ一幕も。2年の活動を通して培われてきたファンとの一体感が伝わってくる瞬間だった。



本編終了後、ファンからの熱烈なアンコールに応えてメンバーたちが再登場し、デビュー曲「100%モチベーション」を披露した。曲中には野球の応援さながら“ジェット風船”を飛ばす演出も。観客席からも上手く飛んだことに、「こんなに上手くいくと思わなかった! みなさん肺活量すごいですね」とメンバーたちも大喜び。そして、メンバーそれぞれが、今回の2周年記念ライブに対する、感謝の思いを語った。

昨年10月に加入したばかりの羽月は「10月に入社したばかりで、こんな盛大なライブが出来て。光栄で嬉しい。今日が私にとってのスタートなので、これからもがんばりたい」、リーダーの西條は「今日を迎えるに当って、20人とか30人だったらどうしようと本当に不安だったんですけど、たくさんお客さんが来てくれているのを見て、登場前から全員で泣いちゃって。皆さんの貴重なお時間を、私たちだけのために使ってくれて、本当に感謝です」と、思い思いに感謝の気持ちを伝えた。



アンコールのラストは「むかつくあなたへ」。感動のMCから切り替えて、もう一度全力のパフォーマンスを披露した5名。最後にはマイクを通さずに客席に対して感謝の言葉を伝えつつ、メンバー全員でお辞儀からの、いつもの「1・2・3・4・5」。笑いあり、涙あり、全力パフォーマンスありのハイモチらしさ全開の2周年記念ライブとなった。

あなたにおすすめ