最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ピアニスト西村由紀江 絵画史上最強の美少女に感動の初対面

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2018年2月14日から国立新美術館 企画展示室1Eにて開催される【至上の印象派展 ビュールレ・コレクション】のコンピレーションCD『至上の印象派~BEST SELECTION~』が開催初日に合わせて発売された。

12月末までの期間限定商品として発売された本作の選曲とプロデュースを、ドラマ『101回目のプロポーズ』の劇中音楽を担当するなど作曲家、ピアニストとして活躍する西村由紀江が担当する。印象主義音楽を代表するドビュッシー、ラベルらはじめ、同時代を共に彩ったクラシック音楽の巨匠達、ファリャ、ホルスト、ラフマニノフ、シベリウス、グリーグ、プッチーニ、アルベニスの代表的な楽曲を葉加瀬太郎、古澤巌、高嶋ちさ子、野崎良太、鈴木慶江、ウェイウェイ・ウーなど、日本のインストゥルメンタル、クラシック界を代表する豪華アーティスト陣が華麗な演奏で競演&魅了する。クラシックファンのみならず一般の音楽ファンも存分に満足させる内容となっている。

関係者向けに開催された内覧会で西村はルノワールの『イレーヌ・カ ーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)』を鑑賞。西村は、『可愛いイレーヌ』のイメージソング「少女がみたもの」を作曲しており、少女イレーヌの可憐さと後の波瀾万丈な人生を見事なメロディーワークで表現している。“絵画史上、最高の美少女(センター)”と銘打たれたイレーヌ嬢と初対面を果たした西村は、「うわ~、きれい…」と思わず息をのみ、作品にくぎ付け。さらに、「肌の透き通る感じや、頬の赤み、髪の波打つ感じがすごく表現されていますね」と、アーティストならではの感受性で存分に作品を堪能していた。

鑑賞後、西村は「本当に美しくて、心が震えました。迫力があるんです! 子供の頃から画集やパンフレットなど、いろいろなかたちで見てきたイレーヌ嬢でしたが、そのどれとも違う。こちらに語りかけてくるようなオーラを感じました」と興奮冷めやらぬ様子で感想を明かした。また自身が作曲した「少女がみたもの」について、「私自身、印象派は大好きで、これまでも絵画にインスピレーションを受けたこともありましたが、今回は(作曲するに当たり)イレーヌ嬢の波瀾万丈な人生を知ってからまたこの絵に向かうと、これまで持っていたイメージとは全然違ったメロディーが降りてきました。印象派といえば“光”と“影”。イレーヌ嬢のかわいらしい“光”の部分と、(作品が描かれた)その後に経験した“影”の部分をメロディーに託しました」と明かしている。

最後に来場する美術ファン、音楽ファンに向けて「本物の絵を目の前にすると、絶対何かを感じると思います。心が揺らぐというか…。それを素直に楽しんでいただけたらと思います。そして、印象派の絵の思い出と共に、印象派の音楽を綴ったアルバムも一緒に聴いていただけたら幸せです」とアピールした。

◎リリース情報
アルバム『至上の印象派‐BEST SELECTION‐』
2018/2/24 RELEASE
HUCD‐10253 2,000円(tax in.)

◎開催情報
【至上の印象派展 ビュールレ・コレクション】
<東京展> 国立新美術館 2018年2月14日(水)~5月7日(月)
主催/国立新美術館、東京新聞、NHK、NHKプロモーション
<福岡展>九州国立博物館  2018年5月19日(土)~7月16日(月・祝)
主催/九州国立博物館・福岡県、西日本新聞社、NHK福岡放送局、NHKプラネット九州
<名古屋展>名古屋市美術館 2018年7月28日(土)~9月24日(月・祝)
主催/名古屋市美術館、中日新聞社、NHK名古屋放送局、NHKプラネット中部


外部リンク(Billboard JAPAN)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス