沖縄県民も意外と知らない!? 沖縄限定『ハウス麻婆豆腐の素』が激ウマ

しらべぇ

2018/2/14 07:30


吉野家でタコライスを提供していたり、ほっともっとではちゃんぷるーがあったりと、沖縄県にある全国チェーンは独自のメニューを提供していることも多い。

レストラン以外でも沖縄限定の商品は多数あるが、その中でも「沖縄県民が意外と知らない」ものの上位に入るのは、『ハウス麻婆豆腐の素』だろう。

■メジャーすぎて沖縄限定と知らない人も


(©ニュースサイトしらべぇ)

東京だと丸美屋やクックドゥに売り場を選挙されがちな麻婆豆腐の素だが、沖縄県のスーパーに行くとハウス麻婆豆腐の素はわりとたくさん置いてあるのだ。

知人の沖縄県民に聞いても「フツーに置いてあるし気にしてなかったから沖縄限定だと知らなかった」とのこと。レアではなく、あまりにありふれているため逆に限定だと知らない場合があるらしい。

しらべぇ取材班は甘口と中辛を購入。実際に中辛を調理し、どんな味か試食してみることにした。

■作り方はいつもとおなじ


(©ニュースサイトしらべぇ)

作り方は非常に簡単で、麻婆豆腐の素を鍋に入れ中火で熱し、煮立ってきたら豆腐を入れて温めればいいだけ。いつも使っている素と作り方はまったく変わらない。

(©ニュースサイトしらべぇ)

気になる味は、最近流行りの中国山椒が効いたスパイシーなものではなく、しいたけとオイスターソースの旨味がガッツリくる、ご飯が進みまくるもの。

(©ニュースサイトしらべぇ)

パッケージにも書いてあるとおり非常にまろやかで、記者もあっという間にごはんを3杯たいらげてしまうほど激ウマ。しいたけのスライスがたっぷり入っているのも嬉しい。

■白飯に合いすぎてヤバい


(©ニュースサイトしらべぇ)

それだけ食べても美味しい本格的な麻婆豆腐もいいが、沖縄限定の麻婆豆腐の素は、米と合わせることで真価を発揮。ごはん党ならリピート間違いなしの商品である。

沖縄県でなくても全国各地の沖縄物産店で売っているので、麻婆豆腐好きはぜひチェックしてみよう。

・合わせて読みたい→冬の寒さも吹き飛ぶ! 「伝説のすた丼屋」新メニューが安定のスタミナ満点

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

あなたにおすすめ