ICカード運賃がキップより高い区間が存在する

ラジオライフ.com

2018/2/14 07:05


SuicaなどのICカードが普及した現在「電車の運賃はキップよりICカードの方が安い」というのが常識となっています。しかし、じつはICカード運賃がキップより高い区間が存在するのです。電車の運賃がICカードとキップでなぜ違うかを見ていくとともに、具体的にICカード運賃が高くなる区間を見ていきます。

ICカード運賃がキップより高い区間が存在する

ICカード運賃は1円単位で決まる


電車の運賃は、基本的にキップで買うよりもICカード運賃の方が安く設定されています。その理由は、ICカードは1円単位で運賃が決まるのに対し、キップは10円未満を四捨五入するからです。ただし、4円以下は切り捨て、5円以上は切り上げとなるため、実際のキップ運賃が4円以下の場合は、ICカードより安くなるケースがあります。

例えば、新橋から東京ビックサイトに行く時、ゆりかもめで新橋から国際展示場正門まではキップが380円で、ICカードが381円。キップの方が1円安くなるのです。東京から日光に行く時、JRで東京~宇都宮~日光と行くとキップは2,590円で、ICカードは2,592円。キップの方が2円安くなります。

このほか、JR総武本線の場合を見てみましょう。千葉~東千葉はキップが140円でICカード運賃が144円とキップの方が安いのですが、千葉~四街道はキップが200円でICカード運賃が195円とICカードが安くなります。

ICカード運賃よりキップが安い


さらに、千葉~佐倉はキップが320円でICカード運賃が324円と再びキップが安くなり、千葉~榎戸はいずれも410円と同額、千葉~日向はキップが580円でICカード運賃が583円とやはりキップが安くなるのです。

ただし、JR東日本は山手線や電車特定区間は1円単位は切り上げとなっているので、ICカードの方が安い、もしくは同額となっています。JR西日本などはICカード運賃・キップともに切り上げとしている会社もあります。

とはいえ「キップよりICカード運賃の方が安い」のは、絶対ではありません。電車に乗る時はどちらが安いのか、乗り換え案内アプリなどで両方の運賃をチェックしてから決めましょう。

あなたにおすすめ