最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

当てはまったら要注意!結婚後に苦労する男性の特徴3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚する相手は慎重に見極めなきゃいけない……。小さい頃からそう言い聞かせられて、育った女性は多いかもしれません。
経済力、仕事、性格、価値観の一致など、相手との結婚を考えるうえで外せないポイントってたくさんありますよね。

でも、こうした分かりやすい特徴だけではなく、相手がどういう人なのか。本質もしっかりと掴んでおく必要がありそうです。
今回は数回のデートじゃ分からない、結婚時にちょっと注意して観察したい男性の特徴を挙げてみました。

結婚後

■ 親の意見に左右されることが多い

これは結婚が遅れる男女の特徴にも当てはまりそうです。
自分で物事を決められないと、親に意見を委ねることになり、相手は“一緒に付き合っている”という感覚が薄れてしまいます。
そうなると、次第に付き合うことが面倒くさく感じられてしまい、相手と距離を置いてしまう原因になりかねません。

特に相手が男性の場合、付き合っていてどこか頼りなく、いわゆるマザコンという印象を抱いてしまうことが多そうです。
また、結婚したところで親御さんの存在が気になってしまい、嫁姑の問題に特に苦労してしまう可能性が高いかもしれません。

■ 怒りの沸点が低い

よく結婚に向いている特徴のひとつに、怒りの沸点が高いことが挙げられます。
結婚は生活そのもの。結婚式の誓いの言葉で「病める時も健やかなる時も~」というフレーズがありますが、一生に及ぶ結婚生活ですので、困難なことが幾多あるかわかりません。

そうした時に温和な性格で、怒ることが少ない男性なら、少しでも毎日を平穏に過ごすことができそう。
反対に短気で感情のコントロールができない男性は、些細なことでも口論になることが多く、結婚後の生活で苦労することが多いかもしれません。
こうした特徴は短い期間の付き合いでは、なかなか見抜きづらいので注意が必要です。

■ 自我が強すぎで意見を譲らない

釣った魚に餌をやらない。そんな言葉を耳にしたことはないでしょうか?
というのも、結婚前はあんなに尽くしてくれたのに……。結婚した途端、態度がコロッと変わってしまう男性は少なくないようです。

そうした男性か交際中に見抜くためには、例えば彼が元々面倒くさがり屋である。自己主張が激しい。自分の意見を曲げない頑固さが目立つ。そんな一面から考えてみるといいかもしれません。

どのタイプも根本的に、他人にあれこれと言われても受け入れない、自我の強さが見え隠れしています。
結婚したことに安心し切ってしまい、あとは自分の気が向くまま……という恐れが高いかも。
そのため、あなたの意見は通りづらく、結婚後ふたりで協力する形が取りづらいかもしれません。

■ おわりに

ほかにも金遣いが荒い、浮気癖があるといった特徴も挙げられそうですが、これらのポイントは付き合っていれば、それとなく気づけるものです。
上記で挙げたポイントは、意識しなければ盲点になりがち。結婚相手を見極める際はちょっと注意して観察してみると、結婚後のふたりの形が見えてくるかもしれません。
(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)

外部リンク(愛カツ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス