草刈正雄、瀬戸康史に全幅の信頼「彼のおかげで楽しくできました」

ザテレビジョン

2018/2/14 05:00

NHK BSプレミアムにて放送中のドラマ「幕末グルメ ブシメシ!2」(毎週水曜夜11:00-11:30)は、勤番武士の酒田伴四郎(瀬戸康史)が、得意の料理を武器に人々の悩みを解決するグルメ時代劇の第二弾。草刈は伴四郎が勤める高野藩の藩主・松平茂照を演じる。

前作から一年の期間が空いたが、「こんなに居心地のいい現場はなかなかありません! 1年ぶりに皆さんとお会いしましたが、家に帰ってきたような気持ちで本当に楽しくやれました」と現場の雰囲気を明かす。

草刈が演じる茂照は、高野藩の藩主という顔を持つ一方で、時折中間(ちゅうげん)の惨助として町へ繰り出す。「(同じ人物のため)二役ではありませんが、二つの役柄をできるのは幸せですね。なかなかこういう機会はないので楽しんでやっています」と話した。

また、伴四郎演じる瀬戸との撮影が多かったが、「瀬戸くんとのお芝居は好きですね。なんだか言葉で言い表せないんですよ。なんでしょうね、愛しているんでしょうかね…(笑)。ウマが合うんですよ。だから演じていて楽しいです」と瀬戸への思いを爆発させる。

さらに、本作から加わった新しいキャストとの交流については「瀬戸くんがムードメーカーなので、盛り上げてくれて。彼のおかげで楽しくできました」と話し、瀬戸へ全幅の信頼を寄せているよう。

また、撮影中は寒さが厳しかったが、その寒さすら楽しんでいたそうで「大変ではありますが、“時代劇といえば冬”という気がするんです。時代劇の(格好に)扮装した役者さんたちが円になって暖をとる光景が僕にとってはたまらないんですよ。寒いんだけど!!(笑)」と明かした。

■ 第6回(2月14日[水]放送)のあらすじ

書状を奪還したものの、妻・すず(三吉彩花)を奪われた伴四郎(瀬戸)は、夜の町で若い娘ばかりを狙う人さらいに遭遇する。

伴四郎は人さらいの正体を暴くことで、すずの居場所の手がかりを得ようとする。伴四郎は、お菊(酒井若菜)らに声をかけ“江戸美人比べ”を開催、人さらいをおびき出そうとする。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/137221/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス