最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

安室奈美恵「CAN YOU CELEBRATE?」が何か変…相当遊んだ女の歌?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
漫画家・久保ミツロウ、エッセイストの能町みね子、音楽プロデューサーのヒャダインがMCを務める『久保みねヒャダこじらせナイト~こじらせデストピア編~』が、FODで配信されている。配信中の「こじらせライブVOL.3」#11では、安室奈美恵の「CAN YOU CELEBRATE?」の歌詞が「何か変だ」という話題で盛り上がった。

動画内では、「何かこじらせてるなぁ」と感じる歌詞を改めて分析し、勝手に解釈する「こじらせソング」のコーナーを展開。今回は、能町が「ずーっと昔から気になっていた」という、安室の大ヒット曲「CAN YOU CELEBRATE?」を取り上げた。

理由を聞くと、能町は「まず“CELEBRATE”という言葉が日本人に馴染みがない」ことを挙げ、“祝う”という意味があるその言葉に“CAN YOU”を付けると、「祝えますか?」という訳になることに疑問があるという。さらに、英語を話せる方に意味を聞いてみると、「たぶん、“バカ騒ぎできますか?”みたいなフィーリング」と言われたそう。

「しっとりとした曲調に、この歌詞だと……微妙」だと思い、そこで「なんか変だ」と確信したという能町。さらに、日本語の歌詞も変だと指摘し、「“永遠ていう言葉なんて知らなかったよ”なら良いんですけど、“よね?”って誰かに疑問を投げかけているのが不思議」と言うと、久保も「“永遠”なんて、日本人だと100%知っているもんね」と同意した。

続けて「いつも見守っていてくれる誰かを探して見つけて失ってまた探して」「時に素晴らしい夜もあった」という歌詞に対しては、「相当いろんな人と付き合ってますよ。何度もオトナの関係があった」と指摘。その後には「生きてる今これでもまだ悪くはないよね」との歌詞もあり、「今の結婚相手も“この人こそ!”っていうほどでもない“もういろんな人と付き合ったし、良い人だし、永遠って言葉知らないバカだけど、まぁいいか”ぐらいの感じなんじゃないかと思えてくる」と鋭いツッコミを入れた。

さらには、昔付き合っていた相手に未練が残っているような歌詞もあり、「今までの恋愛も引きずってるけど、とりあえず結婚式まできちゃったから、みんなバカ騒ぎできる? という意味なのでは?」と解釈。とうとう「なんでこの曲はこんなに売れたんですかね?」という疑問も抱き始めていた。

その後も、次々と歌詞についてツッコむ3人。最終的に、「CAN YOU CELEBRATE?」は小室哲哉ではなく“あの有名歌手”が作ったのなら納得できる、言い出す始末。果たして、その人物とは?

外部リンク(テレビドガッチ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス