山下智久、中居正広、キスマイ……いまだ女性週刊誌に残る“SMAP独立騒動”の余波


下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

2月11日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で国際政治学者・三浦瑠麗氏が日本に北朝鮮の暗殺部隊「スリーパーセル」が潜んでいると断定し、炎上騒動になった。なんの根拠もないこんな発言にあぜんとしたが、これを受けて松本人志が「きっとサービス精神でいろいろ話してくれたのに」とツイート。松本にとってワイドショーは、“サービス精神”があれば、どんなトンデモ発言でも許されるということなんだと納得。

第400回(2/8~2/13発売号より)
1位「山下智久 11歳年下テラハ美女とハワイ それでも切れない石原さとみと未練の夜」(「女性セブン」2月22日号)
2位「イノッチと有働アナ『あさイチ』を“イチ抜け”したのはこっち!」(「女性セブン」2月22日号)
3位「中居正広 『舞祭組』ライブ飛び入りで2年ぶりの会場を魅了した1分間『まだ踊れるべ!?』」(「週刊女性」2月27日号)

石原さとみとの破局説が流れていた山下智久だが、新恋人とのハワイお忍び旅行がすっぱ抜かれた。これをスクープしたのは「女性セブン」。記事によれば、お相手はフジテレビ系人気番組『TERRACE HOUSE ALOHA STATE』(通称テラハ)で“番組史上NO.1美女”としてブレイークしたモデルNiki。2人は1月下旬にハワイ旅行を楽しんだらしい。

モテ男山Pらしい速攻さ、と思いきや、しかし「セブン」が報じたのはこれだけでなかった。山下はハワイ旅行から数日後、別れたはずの石原の自宅を訪れたことも紹介されていたのだ。しかも「セブン」は、なぜか山下と石原が破局したのは“事実”というのが大前提らしい。山下の訪問理由を「(石原の仕事が)あまりの多忙と緊張もあって、リラックスしたかったんでしょう。山下さんに自宅に来てもらったようです」と紹介しているのだ。

リラックスしたいからって、元カレ呼ぶ? 山下はマッサージ師か? そんなクエスチョンだらけの「セブン」記事。つまり書いてないけど“二股”ってことでしょ。

不可思議なことはまだある。「セブン」といえば、いわずもがなの “ジャニーズ御用雑誌”。そもそも、なぜ山下の熱愛をトップ特集で伝えたのか。普通に考えればあり得ない。

そこで考えられるのが、やはりあの騒動の余波だ。そう、SMAP独立騒動である。山下は、事務所入所当時は、藤島ジュリー景子派だったが、ドラマのギャラをめぐりメリー喜多川と揉めて、SMAPの育ての親である飯島三智マネジャー派に乗り換えた。そしてSMAP独立騒動前後、飯島氏から独立を打診されたが、山下は慌てふためき、それを断ったと言われる。

でも、今回の「セブン」の扱いを見ると、いまだに“裏切り者”扱いされてるんじゃないか。どうする山P! やっぱり「新しい地図」に合流か!?

そして2位も「セブン」の不思議なジャニーズネタだ。有働由美子アナに続き、『あさイチ』(NHK)降板が報じられたV6・井ノ原快彦。これまでその理由は、“有働が降りるなら一蓮托生というイノッチの気持ちからだ”などと報じられてきたが、「セブン」によると、それは間違いで、イノッチの降板の方が先に決まっていたというのだ。

「井ノ原さんの降板は昨春には決まっていたそうです。時期を見てから発表しようと思っていたところ、有働さんの報道が先行してしまったそうです」

記事ではこんなNHK関係者のコメントで、“一蓮托生説”を否定。さらに驚くのが、有働の降板自体、イノッチが辞めることを知った有働が決断したことだと、順番が真逆だったことまで指摘していることだ。

わざわざ、そんな力を込めて指摘することなのか。どっちだっていいと思うが、おそらくジャニーズ的にはイノッチが有働に追随したというのは許せないのだろう。しかもイノッチ降板をスクープしたのはアンチジャニーズの「週刊女性」(先週発売2月20日号)。是が非でも、それを否定したかったんだろうな。ジャニーズ事務所。そのプライドの持ち方、訳がわからない。

そして3位もジャニーズネタ(「セブン」ではなく今度は「週女」)だ。1月からスタートしたKis-My-Ft2の派生ユニット「舞祭組」の初の単独ライブに、中居正広がサプライズ登場しダンスを披露、会場が大歓声に包まれた、というのが記事の内容。しかしさすが「週女」。その後日談としてこんな情報をぶち込んでいる。

「(中居登場の)翌日、各メディアはこれを“自主規制”したのか取り上げずにスルーしました。そもそも初ライブの開催すら報じられていません」(芸能プロ関係者のコメント)

独立派から一転、事務所に残留した中居。そして、その中居がプロデュースした舞祭組(Kis-My-Ft2)も当然飯島派だった。ジャニーズの“女帝”メリー喜多川氏は、一度でも裏切ったら許さないという猛烈体質の持ち主。Kis-My-Ft2も山下も、そして中居も今後どうなるのか。まだまだ波乱がありそうだ。

あなたにおすすめ