スウィートパワー期待の星・知英、岡田社長の“細かい口出し”に、スタッフから困惑との声……

日刊サイゾー

2018/2/13 22:00


 昨年12月から今年1月まで放送されていたドラマ『オーファン・ブラック~七つの遺伝子~』(フジテレビ系)で主演を務めていた知英。K-POPグループ・KARAを脱退後、日本で歌手に女優にと活動している彼女だが、韓国を離れた理由のひとつに、彼女を気に入った現事務所であるスウィートパワー・岡田真弓社長からの猛アプローチがあったと言われている。

それもあって知英は現在、岡田社長の大のお気に入りに。事務所からは業界への激しい売り込みが続いているようで、テレビ局関係者は、「ある番組で、桐谷美玲さんにオファーしたにもかかわらず、事務所から『桐谷より、知英はどうか?』と言われたことがあります。電話して即答で言われたので、『桐谷さんのスケジュール教えてもらってないのに、先に違うタレントの売り込みかよ……』と、困惑してしまいましたよ(笑)」と明かしている。

また、起用しても、いろいろと問題が起こるという。中でも、岡田社長の“細かい口出し”が一番厄介だとか。あるライターは、こう明かす。

「あるカジュアル系のファッション誌の編集者から聞いた話なのですが、撮影当日、現場マネジャーに知英さんが着る全コーディネートを携帯で写真に撮り、送るよう岡田社長から指示が下りたそうなんです。編集者は、『お気に入りだから気になるのかな?』程度に思っていたらしいのですが、まさかの“ダメだしの嵐”がスタートしたとか。結局、社長のOKが出たコーディネートは、ファッションの系統がまったく違う“赤文字系”のようなものに。『撮影する雑誌、わかってんのか?』と、その場にいたスタッフ全員が呆れたと聞きました」

スウィートパワーは「25歳まで恋愛禁止」「所属タレントは寮で生活する」など、管理が厳しいことで有名。しかしタレントのプライベート管理以外に、仕事にまで口を出されてしまうのでは、スタッフとしては、たまったものではない。

社長のお気に入りの知英だが、人気はいまひとつ。もしかしたら、原因は事務所の方針にあるのかもしれない!?

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス