最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

デリケートゾーンケアに最適なフェミニンウォッシュ3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「肌の内側を1倍とすると、デリケートゾーンはその42倍の経皮吸収率」と言われています。 忙しいときほど、デリケートゾーンも石けんやボディーソープで洗ってすませがちですが、洗浄力の強いアルカリ性のもので洗っていると、知らず知らずのうちに肌の常在菌まで洗い流してしまっていることがあるそうです。
20180213_wash

今回は、使ってみて「いいな」と感じたフェミニンウォッシュを3つご紹介します。

天然由来成分100%。きめ細やかな泡タイプ

20180213_wash1
「ピュビケア オーガニック フェミニン シフォン ソープ」2,268円(税込)

日本初のデリケートゾーン専門サロン「ピュビケアサロン白金台」とナチュラル・オーガニックの企画販売会社「たかくら新産業」がコラボレートして誕生したのが、天然由来成分100%の「ピュビケア オーガニック フェミニン シフォン ソープ」。ポンプを押すと、細かな泡状の弱酸性ソープが出てきます。香りは、ローズ&イランイラン、ジャスミン&ネロリ、ビターオレンジ&レモンの3種類。きめ細やかな泡で出てくるので、デリケートなゾーンもやさしく洗いあげます。

天然の乳清(ホエイ)が、健やかな肌に導く

20180213_wash2
「フェミニンウォッシュジェル」2,700円(税込)

ドイツのフランクフルトとケルンの間にある村で2002年に設立されたビオトゥルム社のフェミニンラインには、オーガニック乳清由来の「ラクトインテンシブ アクティブコンプレックス(ホエイ) 」が配合されています。このホエイのpH値は3から4の弱酸性で、デリケートゾーンをすこやかな状態に整えながら清潔に保ちます。 さらに、「フェミニンウォッシュジェル」にはカモミール(カミツレ花エキス)と カレンドラ(トウキンセンカ花エキス)の植物エキスが配合されていて、肌をやさしく健やかに整えてくれます。

フィトテラピーの発想で開発されたシリーズ

20180213_wash3
左からフェミニン クリーム 1,058円(税込)、フェミニン ウォッシュ 1,058円(税込)(CosmeKitchen限定)

「INTIME ORGANIQUE by le bois(アンティーム フェミニンウォッシュ)」は、デリケートゾーンのpHにソープのpHを合わせることで刺激を与えないように作られています。自然由来の原料を使用し、弱酸性のデリケートゾーンの免疫力を守ります。また、気になる処方ですが、抗炎症・抗菌にすぐれたローズマリー葉エキス、整肌成分として知られるネロリとオレンジ果皮油、さらに皮を圧縮したレモン果皮エキスなどを配合し、植物の力を最大限に活用。肌本来がもっている常在菌やうるおいを保ちながら、すっきりと洗い流してくれます。 イタリア最大級のオーガニック認証団体AIABやハラル認証を取得しており、多くの女性が手に取りやすいように配慮されています。

髪を洗うように、洗顔をするように、デリケートゾーンのケアをすることで、自分の体調に敏感になれ、気持ちまで整えられそうです。

Pubicare Organic,おもちゃ箱,INTIME ORGANIQUE,CosmeKitchen

外部リンク(マイロハス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス