LACCO TOWERだからできる群馬だからできる『I ROCKS』が他のフェスと違うわけを塩崎啓示に直撃インタビュー

SPICE

2018/2/13 20:00

長い年月、バンドを続けていなければできないことがある。それは、勿論楽曲のクオリティも、ライブでのパフォーマンスも、MCも、全てにおいて経験と深みとなって反映されるのだが、何よりも一番変わってくるのは、もしかしたら「ホスピタリティ」なのかもしれない。バンドを続けた年数分だけ、様々な人に応援をされてきた。だからこそ、その分だけ与えたい、返したい、こたえたいと。そうしたタイミングで主催される、アーティストマターのフェスは本当に「愛」にあふれているのだ。その最たる例ともいえる『I ROCKS』を主催するLACCO TOWERのベースであり『I ROCKS』代表でもある塩崎氏に、フェスに対する愛、バンド愛、群馬愛について直撃した。

塩崎啓示(LACCO TOWER)
塩崎啓示(LACCO TOWER)

「家族」をテーマにしているので子供のロック・デビューが『I ROCKS』


――今年、記念すべき5回目を迎える『I ROCKS 2018』について、改めて話を聞ければと思ってます!

今年は5回目ということもあり、地元・群馬ではいろんな媒体が協力してくれて、膨らみが出ているんですけど。バンドは東京でも活動しているので、もっと全国的に発信できたらいいなと。まだ『I ROCKS』って何?という人もいると思うので、改めてどんなフェスなのかを知ってもらえたらいいなと。

――ええ、まず今年は初めて3日間(3月30日、3月31日、4月1日)に渡って開催されることになりました。現在はどこまで仕込みは進んでいるんですか?

出演者も大事なので、そこはすべて発表している段階ですね。ほかにロック・ファンに向けて、LACCO TOWERがやっている意味を改めてアプローチするタイミングだなと。で、群馬県に「Hi-NOTE」という文房具屋さんがあって、今回初めて協力していただくことが決まったんですよ。会場の中にキッズ・スペースを作って、僕らもお父さんお母さん世代なので、そこで何かしらできるように考えてます。群馬県内にある「Hi-NOTE」やCDショップで『I ROCKS』のポスターを配るんですけど、お客さんが「ください!」って来るんですよ。1人に2枚ずつ配って、1枚は自分用、1枚はどこかに貼ってくださいという感じでやってます。県内だと、そういう動きも火が付きやすくて、ありがたいことに広報活動に協力してくれていて。僕たちが行けないところを代わりに駆けずり回ってポスターを貼ってくれるんです。本当にありがたいなと思います。

――ストリート・チームみたいな形で応援してくれる動きがあるんですね。

おかげさまで、その輪が広がっているんですよね。

――それは素晴しいですね。今年の『I ROCKS 2018』は「家族」をテーマに掲げてますが、ファミリー層も楽しめる内容にしようと?

そうですね。これまで3歳以上は大人と同じ金額だったんですけど、今回は未就学児は無料とか、もちろん保護者同伴だったりとか、条件はあるんですけど。小学生は千円、中高生は3千円という設定にして、「家族」をテーマにしているので子供のロック・デビューが『I ROCKS』だったら、嬉しいなと。

――ああ、なるほど。

僕らの世代だと、結婚している人も多いですからね。それこそTVアニメ『ドラゴンボール超』エンディング主題歌(LACCO TOWERの「薄紅」と「遥」の2曲)をやっていたのが同級生なんだよ、という流れで聴いてくれる人もいますからね。でもライブハウスだと、少し行きづらいと思う人もいると思うんですよ。音楽センターにはちゃんと椅子もあるし、何よりくつろげる。そこで僕たちの盟友バンドを観てもらえる機会もそうそうないと思うから。昨年、「ザスパクサツ群馬 2017 公式応援ソング(「火花」)」も任せてもらったんですけど、サポーターの方でライブに行ったことがない人もいるので、そんな方々を含めて、より多くの人に足を運んでもらえるきっかけにしてもらいたいです。
塩崎啓示(LACCO TOWER)
塩崎啓示(LACCO TOWER)

毎回何かしら挑戦しているから、今回も怖さはある


――そもそも、「家族」をテーマに据えようと思ったきっかけは?

前作『遥』(7thアルバム)で初めて亀田誠治さんをプロデューサーに迎えて……アルバム1曲目をどバラードと言える「遥」にしたんですよ。そこでバンドとしての広がりが出せたと思ってて。去年Zepp DiverCityでライブをやったときに2階席の応募も多かったし、スタンディングのライブも大事だけど、椅子を求めているお客さんもいるんじゃないかなと。だから、今年は初めてホールツアーもやりますからね。

――そうなんですね。

はい。フェスの話に戻ると、トイレがいっぱいある、休める場所がたくさんあるとか、そういう設備はもちろん。あと、「KIDS ROCKS」のためにイヤーパフをプレゼントする話も出ているし、ゆるキャラが来るよ!という演出も考えてますからね。

――ご当地ゆるキャラですね(笑)。

そうですそうです。やれることを広げたら、お客さんが行きたいと思える理由も増えるかなって。毎回何かしら挑戦しているから、今回も怖さはあるんですけど、思い切ってやってみようと。

――LACCO TOWERがやっている意味を考えたと言ってましたけど、もう少し言うと?

「家族」と、もう一つ挙げるなら「絆」だと思うんですよね。出演者に入れ替わりはありますけど、今回5回目を迎えると話したときに去年出れなかったアルカラ、GOOD ON THE REEL、FOMAREとか、僕ら以上に想いを強く持ってくれるんですよね。出演者からコメントを貰っているんですけど、涙が出そうなくらい、ほんとにこんなに思ってくれるんだ!という内容が多くて。LACCO TOWER16年目の活動の中で深く付き合ってきたバンドばかりですし……これまでもそうですけど、『I ROCKS』で観るバンドのパーフォーマンスは他では見れない最高で特別なライブばかりだから。そういうスペシャル・ライブが全バンドあると考えると……「絆」みたいなものをすごく感じますね。どのバンドも愛をもって駆けつけてくれることが本当に嬉しくて。

――出演バンドが愛を持って参加してくれるのは、フェス全体の熱量にも繋がるし、何より観ている人に伝わりますからね。

ほんとそうですね。こないだSUPER BEAVERがZepp Tokyoでライブをやったときに、日本武道館でやることを告知しましたけど。その発表した日の帰りに配るフライヤーも、日本武道館公演のチラシと合わせて『I ROCKS 2018』を入れてくれたりするんですよ。普通だったらあり得ないこともやってくれますからね。

――それは嬉しいですよね。今年はさらに気合いが入りますね。

だから、今回のブッキングも5年間の総まとめみたいなラインナップなんですよ。その分、僕らのステージも背負ってやるから……重いんですよね(笑)。

塩崎啓示(LACCO TOWER)
塩崎啓示(LACCO TOWER)

毎回何かしら挑戦しているから、今回も怖さはある


――そういう意味で5年間の集大成であり、LACCO TOWERの集大成でもあると?

そうっすね。『I ROCKS』の立ち上げもそうだけど、楽しい悲しいよりも、悔しいという感情が先に来ちゃって。『I ROCKS』の立ち上げについては、結成して10年を迎え、それなりに群馬を中心に活動してきたけど、なかなか思うように活動出来なかったり、初回の『GUNMA ROCK FESTIVAL』に呼ばれなかったり、そんな悔しさから始まってますからね。その翌年にアイロックスという会社を設立して、自分たち主催でフェスをやろうと動き出したんです。ちょうどその年にback numberが初の武道館公演をやったり、前橋育英が高校野球で初出場・初優勝したり、なんだこの年は!って、群馬から刺激されまくったんですよ。

――周りから触発された部分も大きいと。

でも僕らは群馬に何もできないじゃんって。それで『I ROCKS』1回目はback numberに出てもらって、兄弟編としてやって。群馬バンドだけで故郷編を音楽センターでやり、東京で知り合った仲間と盟友編もやって。で、――――編を取っ払って、みんなで肩を並べてやろうと。僕らも他のフェスを観て、誰がどんな趣旨でやっているのか、見えないものが多くて。ここはウチが主催なのは今後も揺るがないと思うし。『I ROCKS』はLACCO TOWERがやってる会社で、いまだにメンバーを含めて8人しかいない会社ですからね(笑)。竹槍を持って、前に進んでる感じだから。僕らも1年、このために動いているので、みんなも1年頑張って、またここに戻ってほしいという気持ちをこめて、「おかえりなさい」が合い言葉になってるんですよ。物販のスタッフも「いってらっしゃい!」と言ってお客さんを送り出したりして、それはほかではあまりない光景かなと。

――そうですね。

家のようなフェスにしたいと前から思ってましたからね。知らないうちに、ケイスケが「おかえりなさい」という言葉を口にするようになって、それが定着しましたからね。ただ、今回の『I ROCKS 2018』の開催発表がいつもと比べて、結構遅れたんですよ。去年もメンバーとすごくぶつかって、もうできないんじゃないかなと思ったこともあったから。

――何を揉めたんですか?

複数の会場を使って、サーキットにするのか。土日使って2週間連続でやるのか。一週間連続でやるとか……出たいと言ってくれるバンドが出れないのも嫌だし。それで辿り着いたのは、三日間連続の開催、子供も大人も来れるように券種を増やして、改めてみんなが来やすいアプローチをとろうと。
塩崎啓示(LACCO TOWER)
塩崎啓示(LACCO TOWER)

全部箇条書きしたんですよ


――メンバー内でぶつかったことで、新たに見えてきたものはありました?

まだやれてないことがたくさんあったなと。協賛してくれることになった会社に僕たちを凄く応援してくれる人がいたり、同級生もいたりするんです。一緒に何かするってことで新しいことをやることについて、いままでは頑だったけど、向こうも趣旨を理解してくれて。それがハマれば本当のタイアップになるのかなと。そもそも、『I ROCKS』とはどんなフェスで、どんな人に向けて、どんなことをやっていきたいのか、改めて全員が同じ方向に向けました。

――『I ROCKS』としての柱がしっかりしてきたから、外からの力も借りれるようになったんですかね。

そうですね。8人しかいないのに無理だよ、誰が何を担当するの?って、ごちゃごちゃになっていた部分もあったから。LACCO TOWERがやるべきこと、「I ROCKS」がやるべきことを、全部箇条書きしたんですよ。そしたらみんながそれを待ってた!みたいな。すげえしっくり来たみたいで、いままではどこか自分たちの主旨や理念がフワッとしてたんですよね。それを文章にして、みんなに読んでもらったら、じゃあ僕はこういう風に動くからって。

――具体的に何を書いたんですか?

LACCO TOWERのことから始まったんですけどね。どのバンドも走り抜けた後が大事だったりするじゃないですか。Zepp DiverCityが終わった後に達成感もあったけど……で、どうする?みたいな感じになって。これからのLACCO TOWERと「I ROCKS」のことを書いたんですよ。で、スタッフの一人がZepp DiverCityでいいライブができたら、新しい地図が見つかるらしいよ!って。最初は何いってるの?と思ったんですけど。僕が今みんなにこういう考えというのを示したことが、それなのかなって。見ます?(笑)

――ええ、できれば見たいです!

20年までの3年計画というものがあって、20年に日本武道館を設定しているんですけどね。19年に音楽センターを単独でやる。そうしないと、『I ROCKS』が次のステップに行けないと思って。(パソコンを見ながら読み上げる)この先はどこにどんな風にどんな姿勢で向かうのか、『I ROCKS』の理念、理想、未来図を含めて書きました。LACCO TOWERの活動は常に挑戦していく、ライブに来てくれた人みんなの心を動かせる空間を作る、このメンバー5人でしか作れないライブをする、ただライブが楽しかったじゃなく、明日から生きていけると思わせるライブをする、頑張ってる人が苦しいときに大丈夫と傍に寄り添う存在になる、目の前にいる人だけではなく、目の前にいない人にも届かせるライブをする、人の人生の大事な一部になっていることをメンバー自身が自覚する、群馬を代表するアーティストであり、故郷を大事にするアーティストとして今以上に全国に名を知らせる、故郷を大切にしている人の共感を得る、スタッフを含めLACCO TOWERチームが揺ぎない団結を確立させるとか……ほかにも具体的にいろいろ書いているんですけどね。

――そういう風にきっちり文章化されると、メンバーの気持ちもひとつになりますよね。根本にある大事な気持ちをみんなで共有するのは大切ですね。

ほんとそうなんですよ。僕もこれがすべてだと思うから。
塩崎啓示(LACCO TOWER)
塩崎啓示(LACCO TOWER)

――ちなみに、塩崎さんのモチベーションが継続している理由は何だと思います?

メンバーのことがすげえ大事だし、会社的に大きくなってるわけじゃないから、例えばお金の話になると、ヘンな空気になるときもあるんですよ(笑)。それでも小さな会社なりに、それやろうよ!って、みんなが同じ方向に向く瞬間があって、そのためにやっているのかな。個性の強いメンバーばかりだから、同じ方向に向くのが難しい場面もあるけど、『I ROCKS』はこれしかないし、このフェスのために1年動いてますからね。みんなが一丸となって、進むときが好きなんですかね。僕、初めて去年の『I ROCKS』のMCで、気付いたらスタッフの全員の名前を叫んでたんですよ。去年の『I ROCKS』が一番悔しかったし、その分支えてもらっていたことも感じれたんですよね、いろいろいたらないことが多かったから。それを踏まえて、『I ROCKS 2018』は絶対に成功させたいですね。それこそが、 “目指すこと、挑むこと、越えること”と定義した僕らのロックです。
LACCO TOWER
LACCO TOWER

取材・文=荒金良介 撮影=三輪斉史 編集=秤谷建一郎

イベント情報
I ROCKS 2018 stand by LACCO TOWER
IROCKS'18
IROCKS'18

日程:2018年3月30日(金) 会場:群馬音楽センター(YOU STAGE)
開場:17:00 / 開演:17:30
出演:松川ケイスケと真一ジェット / UNCHAIN / 海北大輔(LOST IN TIME) / 片平里菜 / 高高
※アコースティックセットを中心とする新しいI ROCKSの形をゆったりと楽しめるような1日になります。
日程:2018年3月31日(土)
会場:群馬音楽センター
開場:11:00 / 開演:12:00
出演:LACCO TOWER / a flood of circle / 嘘とカメレオン / KAKASHI / GOOD ON THE REEL / cinema staff / SUPER BEAVER / Sourire / DJ岩瀬ガッツ / NUBO / Halo at 四畳半 / 秀吉 / ラックライフ
日程:2018年4月1日(日)
会場:群馬音楽センター
開場:11:00 / 開演:12:00
出演:LACCO TOWER / ircle / Ivy to Fraudulent Game / アルカラ / Age Factory / Saucy Dog / SAKANAMON / SIX LOUNGE / 四星球 / ヒトリエ / FOMARE / BRADIO / Rhythmic Toy World
【I ROCKS 2018 チケット詳細】 各日券:¥5,800(税込・ドリンク代¥500別途要) 2日間通し券(3/31,4/1):¥10,000(税込・ドリンク代各日¥500別途要) 3日間通し券:¥13,000(税込・ドリンク代各日¥500別途要)
小学生チケット:¥1,000(税込・ドリンク代不要) 中高生チケット:¥3,000(税込・ドリンク代¥500別途要) I ROCKS プレミアムチケット(3日通し):¥16,900(I ROCKS価格)(税込・ドリンク代¥500別途要)※SOLD OUT!!
【I ROCKS 2018 チケット販売スケジュール】
チケット一般発売
1月13日(土)19:00~

あなたにおすすめ