最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『デスパレートな妻たち』のあの人、映画『ゲット・ショーティ』のドラマ版に出演!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大人気サスペンスコメディドラマ『デスパレートな妻たち』(以下『デス妻』)で、リネット・スカーボ役を演じたフェリシティ・ハフマン。演技派の彼女が、映画『ゲット・ショーティ』にインスパイアされたドラマ版シーズン2に出演することが明らかとなった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】終了から5年! 『デスパレートな妻たち』の出演者は今?

エルモア・レナードの同名小説を下敷きにした1995年の映画版は、映画マニアの借金取り立て屋(ジョン・トラヴォルタ『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』)が、ハリウッドで映画製作に乗り出そうと騒動を起こすオフビート・コメディ。

米Epixのリブート版『Get Shorty(原題)』シーズン2でフェリシティが演じるのは、母性本能が強いFBIの上官クララ・ディラード役。「ヒッピーのセラピストと、FBI初代長官ジョン・エドガー・フーヴァーを合わせたらクララになる」と表現されていることから、かなりユニークな役柄のようだ。彼女は、犯罪組織とリーダーのアマラ(リディア・ポルト)を監視する任務を課せられるという設定で、数話にわたり登場する。

ドラマ版で、主役マイルス・ダリーを演じるのはクリス・オダウド(『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』『Girls/ガールズ』)。その相棒リック・モアウェザー役に、レイ・ロマノ(『Hey!レイモンド』)がキャスティングされている。

フェリシティは『デス妻』を卒業後、『フレンズ』のジェニファー・アニストンと共演した未公開映画『Cake ケーキ ~悲しみが通り過ぎるまで~』、『君が生きた証』といった作品に出演して映画界でも活躍。その後、重厚な犯罪法廷ドラマ『アメリカン・クライム』に出演していた。

10話構成となる『Get Shorty』シーズン2の放送開始日は、現時点では未定。

Photo:『デスパレートな妻たち』
(C) ABC Studios


外部リンク(海外ドラマNAVI)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス