最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

スパガ宮崎理奈、悲しい初恋の思い出を告白「転勤族だったので…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイドルグループ・SUPER☆GiRLSの宮崎理奈が悲しい初恋の思い出を告白した。親が転勤族だったという宮崎は、好きな人が出来てもすぐに転校してしまうことが多く、告白することが出来なかったと学生時代を振り返った。


2月9日に放送された映像配信プラットフォーム「FRESH!」の「スパガ TIMES☆GOLD」は“1期生スペシャル”。MCのアンタッチャブル柴田英嗣を交えて、志村理佳、宮崎理奈、田中美麗、溝手るかが初恋の思い出を明かした。

初めて好きになった人の話題で盛り上がるメンバーたちだったが、その中で宮崎は、「私は(親が)転勤族だったので、好きになったら転校することが多かった。好きになっても伝えるってことはなかったですね。千葉、大阪、福岡っていろんな所に行ってたので」と切ない思い出を告白した。柴田は「でも(転校した分)友達は絶対多いよね。当時は嫌だったかも知れないけど、今思えば良い(経験)かもね」と優しく言葉をかけた。

視聴者からは「切ないな」「転勤族は仕方ないけど、大変だよね」などの同情の声や、「逆に、みやり(宮崎)に告白出来なかった男子が全国にいるということか」といったコメントが寄せられた。

続いて宮崎は、「どうやって伝えたらいいんですか?」と柴田に恋愛相談。しかし柴田は、「『好き』じゃん?」と真面目に答えるも、自分の言葉に照れてしまい顔を真っ赤にして「ごめん。恋愛トークマジでだめなのよ。俺も告白したことないんだ」と実は告白した経験がないことを明かした。

(C)スパガチャンネル ※画像はFRESH!から
▶スパガチャンネルはこちらから


外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス