最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

安価で買える~♪ 貝割れの時短メニュー5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
見栄えをよくしたり食感にアクセントをつけたりする時によく使われる貝割れ。いつも脇役になることが多いですが、実はメインの食材としても活躍します。今回は貝割れの時短メニュー5品をご紹介。ピリ辛味や香りが楽しめるメニューなどラインナップも豊富なので、お気に入りの1品を見つけてくださいね。

■ ささ身と貝割れの酢みそあえ(37Kcal、塩分0.4g)

【材料・2人分】

とりささ身 1本、貝割れ菜 1/2パック、はちみつみそ(みそ 150g、はちみつ 75g) 小さじ1と1/2(材料は約220g分)、酢

【下ごしらえ】

1. はちみつみそ。ボウルにみそ、はちみつを入れ、均一になるまでよく混ぜ合わせる。

【作り方】

1. ささ身はまん中に縦に切り目を入れて左右に開き、耐熱皿にのせる。水少々をふり、ふんわりとラップをかけて電子レンジで約1分加熱する。そのまま1分おき、ラップをはずして粗熱をとる。

2. ボウルにはちみつみそ、酢小さじ1弱を入れて混ぜる。ささ身を細かくほぐして加え、あえる。貝割れ菜も加えてさっとあえる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

貝割れの苦みがやみつきになる和え物です。味の決め手になる「はちみつみそ」を作る際は、はちみつとみそが均一になるまで混ぜるのがコツ。電子レンジを使えばパパッと作れるので、サイドメニューにとり入れてみてはいかが?

■ みょうがと貝割れ菜のサラダ

貝割れ菜1パックを豪快に使ったサラダです。最後に削りがつおをたっぷりトッピングすれば完成。

■ 貝割れの昆布あえ

材料はとろろ昆布、貝割れ菜、しょうゆの3つだけ。調理時間もたったの5分なので、気軽に作れるのがうれしいポイントですね。

■ 大根と貝割れ菜のサラダ

野菜の他にベーコンを加えれば食べごたえがアップします。塩分やカロリーが控えめでヘルシーなのも魅力的。

■ ちくわと貝割れのからしマヨあえ

マヨネーズとからしのまろやかな味わいがGOOD。ちくわは1cm幅に切って食べやすいサイズに整えましょう。

貝割れを長く保存したい場合は、一手間加えてから冷蔵庫に入れるのがおすすめ。容器のスポンジ部分に水を足してから保存すると、フレッシュな状態が持続しますよ。(レタスクラブニュース)

https://www.lettuceclub.net/news/article/136842/

外部リンク(レタスクラブ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス