最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

あなたは何を感じる? たった『1枚の絵』が、人々の心揺さぶる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
巨大生物の絵や風景画を描き、ネット上に公開しているもの久保(@13033303)さん。

もの久保さんが描いたある1枚の絵に対し、次のようなコメントが数多く寄せられています。

・つらくて泣きそうな時にこの絵を見て、元気が出ました。ありがとうございます。

・素敵。いますぐ私のそばにも現れてほしいです。

・なんともいえない温かい気持ちになりました。

・こんなに大きな生き物がそばにいるのに、気付かない…。周りが見えなくなっている時って、そういうものなのかもしれませんね。

つらい人のところに現れる生き物

人々が絶賛した1枚の絵とは、どのようなものなのでしょうか。話題となった作品がこちらです。

泣いている女性のすぐそばで、そうっと寄り添う巨大なパンダ。パンダは笹を口にくわえ、小さな子パンダたちを背中に乗せています。

こちらの作品は、どのようにして生み出されたのでしょうか。もの久保さんに、制作の舞台裏をうかがいました!

制作者に直撃インタビュー

――この絵を描いたきっかけは?

寒い日の昼休みになんとなく外を見たら、とてもよい天気でした。

猫の絵を含め「こういう生き物がいてくれるといいな」と思ったことがきっかけです。

もの久保さんの語る『猫の絵』とは、こちらの作品です。もの久保さんは、パンダのほかにも、さまざまな動物を描いています。

舞台は校舎の屋上でしょうか。大きな白猫に寄り添い眠る女の子の表情は、どこか安らいでいるようにも見えますね。

――かかった時間はどのくらい?何の道具を使った?

かかった時間は3~4時間ほどです。パソコンの『photoshopCC2018』で描いています。

――普段はどのような作品を手がけている?

最近は、今回の作品のように巨大な生き物を描くことが多いです。ほかには、ダークファンタジー寄りの人間やモンスターなどの絵や、風景画もよく描いています。絵画的な作品を目指しています。

もの久保さんが生み出した、オリジナリティあふれる作品。

1枚の絵に心を揺さぶられるのは、そこに作り手の魂がこめられているからかもしれませんね。


[文・構成/grape編集部]

外部リンク(grape)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス