“バブリーダンス”率いたダンス部キャプテン・伊原六花、初のCM出演決定!

クランクイン!

2018/2/13 16:30

 バブリーダンスで注目を集めた登美丘高校ダンス部のキャプテン・伊原六花が、初代“センチュリー21ガール”に就任することが決定した。7月よりオンエアされるセンチュリー21・ジャパンの新CMに出演する。芸能界デビュー後、本作が初のCM出演となる伊原は「芸能界デビュー初めてのお仕事が決まってうれしいです!演技もがんばります!」と意気込みを語っている。

【写真】“センチュリー21ガール”に就任した伊原六花

伊原は、バブル時代を彷彿とさせる鮮やかな衣装とユーモアあふれるダンスで2017年に話題を集めた登美丘高校ダンス部のキャプテン。昨年、高校生ながら芸能界デビューし、今春卒業。本年から本格的に芸能生活をスタートさせる。

今回、伊原を初代センチュリー21ガールに任命したセンチュリー21・ジャパンは、7月からオンエアされる新CMはもちろん、各種プロモーションにも、積極的に伊原を起用していく予定とのこと。

企業キャラクター就任について伊原は「初代センチュリー21ガールに選んでいただき、凄く光栄です!みなさんの期待に応えられるように精一杯頑張ります!」と喜びを語る。また、「いままでずっとダンスをやってきたので、ダンスはもちろん、演技や歌なども勉強して色々な方面で活躍できるようになりたいです!」と今後の芸能活動についても、やる気と展望を明かしている。

あなたにおすすめ