最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ホンダ・シティのエンジンをミッドに積む!という壮大なる計画をやりました・その1【OPTION 1983年3月号より】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OPTIONでは、長期連載チューニング・ステップアップ企画を何台かやっていました。DaiちゃんのZもその1台ですね。エンジンをイジり、タービン、足まわり、ボディ改造まで含め、トータルチューニングを行うことで、最高速やゼロヨン記録に挑戦して…という企画です。

しかし、この「シティ・ミッドシップ化」は、ちょっと異色な長期連載企画でした。なんたってエンジン搭載位置を変えちゃおう!っていうのですから…。国産初のミッドシップ、MR2が誕生したのは1984年。それよりもずっと前の企画ですからね。

では、何度かに分け(連載回数は無計画…)、完成までの過程を紹介していきましょう。今回のその1は、計画スタート~アウトラインの紹介から。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●OPTホットマシン シティ・ターボ ミッドシップ計画

今年の流行はこれだ! オレたちのクルマを作る!

今年のOPTホットマシンは、コイツだ。本物のスポーツカー作りに挑戦しようと張り切っている。標的はFFシティ・ターボからルノー5ターボ、そして…。夢はデッカイ。

走り好きなオレたちが、一度は乗ってみたいクルマは何か。それは、スポーツカーの頂点ともいえる、ミッドシップ・エンジンカーじゃないだろうか。

といっても、日本のマスプロ主義カーメーカーでは、少量生産しかできないので作ってくれっこない。外国にはフェラーリ512やロータスなどのミッドシップカーがたくさんあるが、超高級スーパーカーだ。身近な存在は、フィアットX-19やルノー5ターボがあるくらいだ。それでも外車となると、ちょっと縁遠い。

それなら、国産の大衆車でミッドシップを作ってしまおう! チューニングやモディファイ、個性的なクルマの楽しみ方の好きなOPTだから、ここまでやってみなくちゃ話にならないのだ。

むろん、こんな超モディファイ車が街を走るなんて夢かもしれない。しかし、ロマンを無くしたらつまらない。この計画はプロトタイプというわけだが、近いうちにメーカーが市販してくれるかも分からない、という期待をこめて、そのキッカケになってくれればいうことはない。

では、シティ・ターボ・ミッドシップ計画のアウトラインを説明しよう。第1段階は、横置きされたフロントの100ps・COMBAXエンジンとサスペンションを、そっくりそのままリヤに移植させようというわけだ。FF車をミッドシップ(正確にはリヤエンジンに近い)化する、簡単な方法だ。

しかし、これまでのチューニングカーと違って、サーキットも走れる本格派を目指したので、サスペンションのレイアウトを慎重にしなければならない。そこでOPTは、そのマシン製作をレース界で有名なノバ・エンジニアリングに依頼した。レーシングカーのノウハウを投入してもらうためである。ミッドシップ構想とレイアウトは、同じくノバの森脇基恭氏と、レーシングカー・デザイナーの舘内端氏の共同ということで、まとめてもらう。

目標はまともに走れる、コーナーをアタックできるという点だ。エンジンはノーマルですすめる。しかし、これはあくまでも第1段階で、次々にステップアップしていくのはいうまでもない。なお、パーツ供給は公認ボルトオン・ターボをアコードで開発した、パル・インターナショナルが応援してくれる。どこまで本物のミッドシップ・スポーツカーに迫れるか、期待して欲しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ノバ猪瀬さん、森脇さん、そして館内さんというレース業界の重鎮を巻き込んでの、このシティ・ミッド化計画。さて、どう進んでいくのでしょうか!? そしてちゃんと走るのか!? お楽しみに!

(Play Back The OPTION by 永光やすの)

外部リンク(clicccar)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス