最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

蒼井優&菅田将暉、謙虚なスピーチを披露!“キネ旬ベスト・テン”表彰式に2017年の映画の顔が勢揃い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年に公開された映画の中から選出された第91回キネマ旬報ベスト・テンの第1位映画鑑賞会と表彰式が2月12日、東京・文京シビックホールで開催。昨年の映画界を彩った俳優や監督たちが一堂に会した。

日本映画作品賞を受賞したのは石井裕也監督の『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』。メガホンをとった石井は詩集を映画化するという難題に「今の東京を生きていく若者の気分をすくい取って映画にしたいと思いました」と振り返り「映画作りは答えがなかなか見えないけれど、これからも悩みながら作っていきます」とコメント。本作は日本映画作品賞のほかに、石井が脚本賞を受賞し、主演を務めた石橋静河が本作を含む3作品で新人女優賞を受賞した。

日本映画監督賞を受賞した『花筐 HANAGATAMI』(公開中)の大林宣彦監督は、杖をつきながらもサポートなしで登壇。余命宣告を打ち破って作り出した意欲作に込めた平和への願いについて「映画で歴史を変えることはできないが、歴史の未来を変えることはできる。歴史の未来とは戦争なんてない平和な世界。それを皆さんが与えてくれた素晴らしい映画の力で手繰り寄せて行きましょう」と語った。

表彰式の前に上映された石井の作品を鑑賞したという大林は、自身が映画会社に属さずに独自に映画を作り続けて来たことを振り返りながら同作を絶賛。黒澤明監督とのエピソードを織り交ぜながら、アマチュア映画ならではのプライドと魅力を語ると「本来なら石井さんがいただく賞なのかもしれませんが、私がいただくというのもなかなか面白い事件ではないかと思います」と笑顔を見せた。そして「ガンごときで誰が死ぬかって思います。あと30年は映画を作ります」と宣言。会場から大きな拍手が巻き起こった。

『あゝ荒野』をはじめ4作品で主演男優賞を獲得した菅田将暉はピンク色のスーツで登場。トロフィーを手に取り「すごい重いですね」と述べると「まだまだ知らないこともたくさんありますし、真摯にワンカットワンカットを、俳優として一生懸命やっていきたいと思います」とコメント。さらに、同じ作品で助演男優賞を受賞したヤン・イクチュンと肩を組んだ菅田は、イクチュンから「動物的なところがある。野生的な体と感性を持っている」と褒められると照れ笑いを浮かべる一幕も。

一方『彼女がその名を知らない鳥たち』で主演女優賞を受賞した蒼井優は、自身が演じた役柄について「嫌な奴だなと思いました」と笑いを誘い、11年ぶりに受賞したこの賞に「こんなに重たい賞をいただいて、私は11年前からどれくらい成長しているんだろうか、理想の役者像の何%ぐらい来れたのだろうと考えましたが、正直まだ2%ぐらいです」と謙虚に語り「あと98%を頑張りたいと思います」と前向きにまとめた。

そして『幼な子われらに生まれ』で助演女優賞を受賞した田中麗奈も、19年前に『がんばっていきまっしょい』(98)で新人女優賞を獲得して以来の受賞となった。「助演女優賞ということで、主演の浅野忠信さんや娘役の2人と頑張ったことが評価された。みんなで分かち合いたい」と受賞の喜びをかみしめた。

また、外国映画作品賞と外国映画監督賞の2冠に輝いたのは第69回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞したケン・ローチ監督の『わたしは、ダニエル・ブレイク』。文化映画作品賞を受賞したのは伏原健之監督の『人生フルーツ』。読者選出の日本映画監督賞を『あゝ荒野』の岸義幸監督が、外国映画監督賞を『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督が受賞した。(Movie Walker・取材・文/久保田和馬)

https://news.walkerplus.com/article/137084/

外部リンク(Movie Walker)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス